マイルチャンピオンシップ2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はマイルチャンピオンシップ2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

グランアレグリアを筆頭に上位人気馬の層が厚く、このレースは堅い決着かもしれない。

あまり無謀な穴は避けたほうが賢明でしょう。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

過去の京都開催のデータは使えないので、同条件に近い同コース重賞開幕5日目以降で調べました。

以下がその過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬の好走率が目立ちます。

今回のメンバーで言えば前走カツジも逃げましたが、やはりレシステンシアでしょう。

レシステンシアについてはちょっと気になることがあって、この馬が出走した近4走でこの馬が逃げた時は4角2番手の馬2番手だった時は4角先頭の馬が必ず圏内に来ています。

大した根拠もないのですが、これはレシステンシアの作るハイペース故でしょうか。

今回のメンバーで見ると枠順にもよりますが、ラウダシオン・カツジ辺りがこれに該当しそうですね。

 

そして差し・追い込みも複勝率では健闘していますね。

上り1位の複勝率も70%超えで、今回のメンバーではこれに最も該当しそうなのは何と言っても4戦連続上り最速のグランアレグリアでしょう。

 


次に血統傾向です。

過去5年の同コース重賞でサンプル数10走以上の種牡馬を調べました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ルーラーシップ
・ハーツクライ
・ダイワメジャー
・ヴィクトワールピサ
・ディープインパクト
・キングカメハメハ

です。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤマーズ
カツジ
グランアレグリア
ケイアイノーテック
サウンドキアラ
サリオス
スカーレットカラー
レシステンシア
ヴァンドギャルド

 

以上9頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬
② 4~5歳
③ 前走5着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

インディチャンプ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

レシステンシアを負かしたのはマグレだと思っていたが、前走は初の古馬相手に差し展開の中、唯一粘りこんでの2着。

実力的にはまだレシステンシアと白黒つけられるほどの差は無いにもかかわらず、想定オッズ差はかなり大きい。

妙味ある穴馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です