フローラステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はフローラステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~6番ゲート有利・穴馬なら1~9・15番ゲート以降有利と判断しています。

現時点の単勝オッズはクールキャットが5番人気でアンフィニドールが4番人気ですが、総合オッズで見るとクールキャットが4番人気となっています。

 

それではそれを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番ユーバーレーベンですが、内枠有利なコースなので不利な外枠に入るよりはマシだったと思いますが、出遅れが癖が目立つ馬なのでもう少し外寄りでも良かったと思います。

 

次に4枠8番オヌール5枠9番パープルレディーですが、絶好枠の1~6番ゲート内には入らなかったが、この配置なら及第点でしょう。

 

最後に8枠15番クールキャットですが、コース形態的に明らかに不利な外枠に入った。

これはマイナスですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
4枠8番オヌール
5枠9番パープルレディー

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
4枠8番オヌール
5枠9番パープルレディー
2枠3番ユーバーレーベン
8枠15番クールキャット

各100円×36点

(計 3600円)

 

3連単勝負です。

頭で選ぶのは基本的に人気馬。

そして対抗馬も基本的に上位人気に近い馬。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

頭を選ぶ基準は複勝率の高そうな馬ではなく、飛ぶ可能性が高そうでも頭で狙えそうな馬です。

基本は人気馬の中から頭で狙いにくい馬消して残った2頭を選びます。

 


「頭で狙いにくい馬 其の①」

ユーバーレーベン

実力的にはトップクラスだが、この馬が重賞で勝ち切れない最大の理由は出遅れ癖。

とにかく毎回と言っていいほど出遅れる。

それでも実力はあるので圏内まではもってくるという複勝系の馬。

今回はデムーロ騎手で人馬共に出遅れ癖があるコンビ。

頭では狙いにくい。

 

「頭で狙いにくい馬 其の②」

クールキャット

痛恨の外枠。

ルメール騎手はこういう枠に入った時は積極的に位置を取りに来るが、2走前に抑えきれないほど暴走したこともあるので、今回はそういう策は取らないのではないか。

ただ前走の脚を溜めて後方一気の競馬は届きはしなかったが素晴らしかった。

2・3着ならチャンスはあると思います。

 


頭狙いは「勢いに乗ったディープ産駒は黙って買い」のオヌールとパープルレディー。

共に馬格がないのは気がかりだが、過去10年で419キロ以下の馬の勝率・複勝率はむしろ好成績。

馬格で割り引く必要はなさそう。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法の全てで名前が挙がった馬。

逃げ馬の好走率は決して良くはないが、今回はメンバー的に先行勢もそれほど多くなく単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。

枠はやや外目に入ったが、鞍上の性格なら果敢に先手を取ってきそう。

前残りに期待したい。

(D) ?????

絶好枠に入り新馬戦で同コース勝利。

鞍上も信頼度の高い騎手に乗り替わり。

キャリアは浅いが未知なる能力に期待します。

(E) ウインアグライア

前走は少頭数ながら牡馬相手のOPクラスで勝利。

枠も申し分なく、脚質傾向の記事でも取り上げた馬。

もっと人気になると思ったが、この人気なら積極的に狙ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です