フラワーカップ2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はフラワーカップ2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは8枠16番イズンシーラブリーですが、差し・追い込み馬。

基本的には前有利なレースなので、大外枠となると‥

 

次に2枠3番ホウオウイクセルですが、この馬は差し馬。

やや内過ぎるかなとも思えるが、多頭数の内枠も経験済み。

今回は前に行く馬も少なさそうなので内枠の利を活かして好位追走が出来れば‥

 

次に7枠13番ユーバーレーベンですが、とにかく後方で構えて強襲というのがパターン。

ただ展開が落ち着くようなら後方からの捲りの競馬もあるので、枠的には外枠で良かったと思います。

 

最後に4枠7番エンスージアズムですが、イマイチ脚質が読めないですが、圏内に入った2回は共に先行策。

今回も先行策で競馬をしてくると予想するなら、程良い中枠なら問題ないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
2枠3番ホウオウイクセル
4枠7番エンスージアズム

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはホウオウイクセルとエンスージアズム。

正確にはイズンシーラブリーとユーバーレーベンを消したという方が正しい。

イズンシーラブリーはやはり前有利傾向のあるレースで後方脚質の大外枠というのは、頭で狙うにはリスクの方が大きそう。

そしてユーバーレーベンは明らかな追い込み脚質で鞍上がどう考えても弱化、更にペース的にも流れるとは思えない。

これで1番人気なら嫌って妙味がありそう。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)?????

兄姉で活躍した馬はヤマカツエース・ヤマカツマリリン。

そしてこの2頭は共に父キングカメハメハ系。

この馬も同じく父にキングカメハメ系種牡馬を持つ。

実績的にも小回りコースで結果を残しておりコース適正も高そう。

(D)?????

新馬で負かした相手は紅梅S勝ち馬。

2戦目は5着だったが相手は牝馬路線では上位組のソダシ・ククナ・テンハッピーローズ・ストゥーティ。

前走の敗戦は騎手の暴走?迷走?で度外視できる。

それなりにレベルの高いメンバーと戦っているので、ここでも能力は十分足りる。

(E)レーヴドゥラプレリ

2走前に敗れた相手はクイーンカップ覇者でアパパネを母に持つアカイトリノムスメ。

敗れはしたが次走では順当に勝ち上がっている。

アカイトリノムスメを物差しで考えれば、今回のメンバーなら十分戦えるはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です