フラワーカップ2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回はフラワーカップ2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よろしければ阪神大賞典2021スプリングステークス2021ファルコンステークス2021の記事も書いているのでご覧ください。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

このレースは前残りが多いのですが、今年の上位人気馬3頭は差し・追い込みタイプが揃った。

もしかしたら人気馬総崩れなんてこともあるかもしれません。

ただあまり荒れすぎるのも困るので、ソコソコ荒れて欲しい。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は逃げ・先行馬のみ。

複勝率で見ても前有利は明白。

ただ複勝率だけみると差し馬も健闘しています。

 

このレースのポイントはどの馬が逃げ・先行できるのかというということでしょう。

 

まず逃げ馬から見ていくと、近走の走りから予測するとアビッグチアオレンジフィズの2択。

この時期の脚質なんて当てにはできませんが、過去6年の逃げ馬6頭の前走は全て4角2番手以内です。

ただ圏内に入った4頭の前走着順は全馬3着以内

2頭とも前走4着以下なので傾向からは外れますが、人気薄なので紐の1頭として押さえてみても良いかもしれません。

 

次に先行馬ですが、圏内に入った7頭中6頭に共通する点は

 

前走4角4番手以内で2着以内 且つ 上り3位以内

 

今回これに該当する馬はエンスージアズムだけ。

4戦連続で上り2位以内で前からでも後ろからでも速い上りを使っている。

この馬は注目ですね。

 


次は枠順傾向です。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見るとどのゲートからも満遍なく好走馬が出ています。

ただ9~14番ゲート辺りは他と比べて複勝率が高め。

逆に15・16番ゲートは好走馬無しです。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると中枠付近の5~13番ゲートに穴馬が集まっています。

ただ全体傾向では内枠が不利ということもなく、明確にこれと言った決定打がありません。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディーインパクト
・ハービンジャー

又は

母父に

・ロベルト系

又は

・トニービン内包馬

です。

今回は対象馬が多くなり過ぎてしまいました。

よって今回は非該当馬を載せます。

 

今回の該当馬

 

アビッグチア
フミチャン
ユーバーレーベン
リフレイム

 

以上4頭です。

1・2番人気想定の2頭が候補に挙がってしまいました。

脚質的にもレース傾向とはマッチしないのでちょっと心配ですね。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

震災のあった2011年を除く過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走1着or重賞で5着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

個人的な見解でイズンシーラブリーが4番人気以内、ルースが5番人気以下と判断しています。

それを踏まえて今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

イズンシーラブリー
ホウオウイクセル
ユーバーレーベン

 

以上3頭です。

本来なら消去法の条件は前走1着馬だけでよかったのですが、対象馬無しになってしまったので重賞5着以内という条件も付け加えました。

そうしたらリフレイムだけしか消せませんでした。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走芝1600~2000m
② 前走500万クラス以下で3着以内 且つ 上り3位以内or4角3番手以内
③ 前走OPクラス以上で2着以内or3番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は6回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エトワールマタン
エンスージアズム
クールキャット
テリオスマナ
ルース
レーヴドゥラプレリ

 

以上6頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

脚質傾向で挙げたこの馬。

とにかく前に行ける脚があって上り性能も兼備。

父はディープインパクトで穴馬消去法でも推しています。

1800mでは2戦2勝で距離適性も申し分なしです。

(B)

新馬で負かした相手は紅梅S勝ち馬。

2戦目は5着だったが相手は牝馬路線では上位組のソダシ・ククナ・テンハッピーローズ・ストゥーティ。

前走の敗戦は騎手の暴走?迷走?で度外視できる。

それなりにレベルの高いメンバーと戦っているので、ここでも能力は十分足りる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です