ファンタジーステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はファンタジーステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~6番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠3番ヨカヨカですが、良い配置だと思います。

問題は2番ゲートに同じ逃げ馬フリードがどういう出方をするか。

ただ新馬戦では4番手で競馬をしていたこともあり、逃げ一手でないので問題ないか。

 

次に4枠4番サルビアですが、好枠でしょう。

ヨカヨカ、フリードが前に行って3・4番手くらいの位置がキープできそう。

 

次に5枠5番ミニーアイルですが、穴で狙っていた馬ですが人気になりましたね。

開幕週でも差しが届く傾向があるので、差し馬のこの馬にとって中枠というのは程良い配置かもしれません。

 

最後に7枠10番メイケイエールですが、脚質的にはもう少し内寄りが良かったでしょうが、少頭数なのでそこまで気にする必要はないか。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
3枠3番ヨカヨカ
7枠10番メイケイエール

(2・3着)
穴馬(C)(D)

(2・3着)
3枠3番ヨカヨカ
4枠4番サルビア
5枠5番ミニーアイル
7枠10番メイケイエール

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはヨカヨカとメイケイエール。

 

福永騎手は上位人気馬ヨカヨカとサルビアの主戦騎手。

メイケイエールにも新馬戦で騎乗している。

その中から今回ヨカヨカに騎乗している点は重視したい。

 

メイケイエールは仮にも京王杯2歳ステークスで現在2番人気のモントライゼを破った馬。

九州産馬のヨカヨカが単なる話題性のある人気先行型だったとしたら、実績ナンバーワンのこの馬にもチャンスが。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

開幕週なので出来るだけ内枠の馬を選びます。

その中で最も可能性がありそうな穴馬は、新馬戦でアルテミスステークス3着馬ククナを撃破したこの馬。

今回が2戦目で上がり目に期待しています。

(D)

全く人気は無いが、この馬の母はG1馬。

1戦1勝馬という未知なる魅力がある。

父は種牡馬としてはマイナー血統だが、距離適性的には今回の距離は合っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です