新着エントリー

ニュージーランドトロフィー2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負で、まず1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走距離1400m以上
② 前走重賞で6着以内
③ 前走1勝クラス以下馬は1着 且つ 1番人気

④ 前走馬体470キロ以上

 

全馬共通事項を挙げるとするとこんなところです。

この条件で残った馬はマテンロウオリオン・リューベックの2頭。

 

そうなるとこの2頭をそのまま1着固定馬にしたいところですが問題はリューベック。

この馬は逃げてこその馬だがジャングロの存在が厄介。

1200m戦で逃げる快速タイプの馬より前目で競馬が出来るか疑問。

自分の展開に持ち込めるなら頭まで考えられるが、今回は厳しいかもしれない。

よって残ったマテンロウオリオンを1着固定馬とします。

1番人気の1着固定はあまりしたくはないが、その分1着固定はこの馬だけにして点数を絞って勝負です。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としています。

(3連単)

(1着) 
1枠1番マテンロウオリオン

(2・3着)
2枠2番ティーガーデン
4枠4番アバンチュリエ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→〇⇔★各500円×8点=4000円

(計4000円)

 

対抗馬は2頭で週中穴馬候補でもあった堅実な末脚を持つアバンチュリエ

前走は痛恨の大外枠、鞍上ルメールでもう一度見直したいティーガーデン

 

人気の1角ジャングロは消した。

前走距離1200からの一気の距離延長で同型もいる。

先週外差し馬場だったことも考慮すると人気になり過ぎでは?

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

過去記事で書いた血統傾向・脚質傾向・デスデータ突破馬。

前走は中山マイルを勝ち上がっていている。

また今回の鞍上が乗った時は2戦2勝と相性の良さにも期待している。

 

(D) エンペザー

大外枠というのは嫌な材料だが、少頭数なので今回は狙ってみる。

近3走はマイルを中心に使われて、同距離3戦2勝1連対。

連勝中の勢いに期待したい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。