新着エントリー

チューリップ賞2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

但し配当的に見込める割れた1番人気なら狙っていく。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

5枠9番ウォーターナビレラ

 

悩んだがウォーターナビレラを軸馬とした。

評価した最大の理由は脚質。

このレースはとにかく逃げ・先行馬が強いレース。

サークルオブライフは差し馬、ナミュールは基本的にスタートの出が悪い馬。

頭という意味での魅力ならサークルオブライフとナミュールだが、堅実性ならウォーターナビレラだと思う。

本番ではどうかだが前哨戦ではいかにも走りそう。

脚質と妙味を考えてこの馬から狙ってみたい。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としていますが今回は4000円で勝負です。

(3連単)

(1・2着) 
5枠9番ウォーターナビレラ

(1・2着)
2枠3番サークルオブライフ
4枠6番ナミュール

(3着)
穴馬(C)(D)

◉⇔〇→★各500円×8点=4000円

(計4000円)

 

馬券の組み立てとしては上位人気3頭の1・2着付け。

理由は上位人気3頭は抜けているという判断。

そして過去のチューリップ賞から考えてもその傾向があるからです。

それでも競馬に絶対はない。

前哨戦仕上げのサークルオブライフ、出遅れ率が高いナミュールのどちらかが飛ぶ方に賭けます。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

やはり週中候補馬だったこの馬は変わらず残すことにした。

前走は最後の直線で最悪のドン詰まりで、ようやく抜け出して伸びてきたところでゴール。

まともに早めに抜け出していたら重賞圏内は十分あったはず。

前回の推奨穴馬でもあり、新馬戦の相手も素質馬揃いのなかで勝利。

脚質的にも前残りに期待します。

 

(D) ステルナティーア

現時点で4番人気ではあるが、やや離れた4番人気なので穴馬扱いで狙ってみる。

2走前(2着)に負かされたコマンドラインがホープフルステークスで惨敗。

その時の3着馬以下もその後はイマイチで正直見限ろうと思った。

ただ今回の鞍上福永騎手を信じてみたい。

今回出走のルージュスティリアは長期休養明けだが注目していて、フェアリーステークス2着・クイーンカップ2着のスターズオンアースを新馬戦で降している。

その新馬戦で騎乗した福永騎手がルージュスティリアではなくステルナティーアに騎乗するということがどうしても引っ掛かる。

競馬通の人なら経緯を知っているのかもしれないが、選んだとすれば見限れない。

仮にも阪神ジュベナイル2番人気馬がこのオッズで買えるなら今回だけは信じて狙ってみたい。

それにルージュスティリアの鞍上が岩田望来騎手というのも嫌な材料だからね。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。