新着エントリー

チャンピオンズカップ2021予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

3枠6番テーオーケインズ

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

 

(3連単)

(1着) 
3枠6番テーオーケインズ

(2・3着)
7枠13番チュウワウィザード

(2・3着)
穴馬(C)(D)
5枠9番オーヴェルニュ
6枠12番クリンチャー

◉→〇⇔★各300円×8点=2400円

(1着) 
3枠6番テーオーケインズ

(2・3着)
穴馬(C)(D)
5枠9番オーヴェルニュ
6枠12番クリンチャー

(2・3着)
穴馬(C)(D)
5枠9番オーヴェルニュ
6枠12番クリンチャー

◉→★→★各100円×12点=1200円

(計3600円)

 

ここでチャンピオンズカップ過去7年の1着馬を見てみると、7頭全てに共通する点は…

① 前走地方交流重賞組
② 前走5番人気以内で5着以内
③ 6歳以下
④ 中央所属馬

これに該当馬するのはテーオーケインズとチュウワウィザードだけ。

回収率の関係上、軸にするのは1頭だけと考えたので今回はテーオーケインズを1着固定馬とした。

理由は前走の敗戦は初の競馬場でテンションが上がり気味で出遅れという仕方のない敗戦。

今回出遅れないという保証はないが、まともに走れば能力は帝王賞で実証済み。

絶好枠を引いたのも大きい。

 

対して対抗に評価を落としたチュウワウィザードは海外遠征後、確実にパフォーマンスを落としている。

間もなく7歳という年齢的な衰えか、海外遠征の影響かわからないがその点は不安。

あと昨年は6枠から好走したが、今年は更に外目の7枠である。

絶好調時の時の7枠ならまだ良いが、やや能力的な陰りの可能性もある今回の7枠は割引と考える。

とは言ってもその他馬と比べればまだ能力は上なので対抗以下には下げなかった。

一応この馬が消えた時には配当が跳ねるので、その馬券も押さえた。

 

穴馬の1頭として挙げたオーヴェルニュはとにかく中京巧者。

このコースの時はパフォーマンスを一気に上げる。

目標はこのレースだったはずなのでそこに期待。

 

クリンチャーは前走敗れはしたが、ダートの勝ち鞍3勝は全て川田騎手。

今回は3走ぶりに川田騎手が騎乗ということで変り身があるかもしれない。

 

上位人気馬からバッサリ切り捨てたのはソダシとカフェファラオ。

ソダシの血統は確かにダートでこそだが、初ダートがG1で更に枠順が最内枠の1番ゲート。

砂を被って嫌気がさす可能性のある枠でどう考えてもリスクの方が大きい。

 

カフェファラオは砂を被る内枠より外枠の方が良いとは思うが、それでも中京1800mの大外枠はかなり痛い。

更にこの馬の適性距離は1600mまで。

過去に1800mを超えるジャパンダートダービーと昨年のチャンピオンズカップでは結果が全く出ていない。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

天敵とも言えるダノンファラオが外枠配置に入り自分の競馬がしやすくなった。

控えることもできるが、先手を取るには絶好枠。

鞍上もチャンピオンズカップ過去7年で2勝挙げている騎手になるのは良い。

多分中央経験の差で舐められた評価だとは思うが、可能性はゼロではないと思います。

(D) インティ

中京コース(2・0・2・1)でその内重賞で3回圏内に入っている。

近走は控える競馬を試みて安定した末脚も披露しているが、本来は前に行ける脚も持っている。

自在性のある馬で、気分良く走れれば高齢になったとはいえまだ圏内に食い込む力は十分持っている。

リピーターが多いレースでもありそこにも期待。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です