新着エントリー

セントライト記念2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

今回のメンバーで注目は何と言ってもダービー3着馬アスクビクターモアでしょう。

ただこの馬が注目となってしまうのも2番人気以下がそれほど大した馬が揃っていないから。

春の実績馬がオニャンコポンくらいであとは上り馬ばかり。

ある意味難解なレースかもしれません。

想定オッズでは3強になっていますが、そんなスンナリ決まるとも思えません。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が2014年の中山競馬場改修工事後の過去7年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝率・複勝率共に高いのは逃げ・先行・捲りの3脚質です。

この3脚質で圏内に入った12頭を見てみるとその内10頭が…

 

① 前走日本ダービー or ラジオNIKKEI賞組
② 前走日本ダービーで4角2番手以内 or 4番人気以内
③ 前走ラジオNIKKEI賞で1番人気 or 4角1番手

 

この条件に該当する馬は

 

アスクビクターモア
ショウナンマグマ
ボーンディスウェイ

 

以上3頭です。

脚質と関係ない条件もありますが、前走レベルが高く前に付けることができなかった馬が、ガクンとレベルが下がって前で競馬が出来るようになったということではないでしょうか。

 


枠順傾向データ 」

以下が2014年の中山競馬場改修工事後の過去7年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝馬は7年中6年で8番ゲート以内から出ています。

複勝率では2・4番ゲートがかなり高い。

比較的複勝率が安定しているのは10番ゲート以内です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると2番ゲートだけが突出して成績が良い。

次いで4番ゲートの複勝率が高い。

やはり全体的に内寄りの成績が良いですね。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

逆に不利なのは11番ゲート以降ではないでしょうか。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

父にサンデー・ミスプロ・ロベルト系の

・トニービン内包馬
・ロベルト内包馬

です。

この3パターンで過去5年の圏内馬全体の73%を占めます。

今回の該当馬は

 

アスクビクターモア
セイウンハーデス
ベジャール
ボーンディスウェイ
マテンロウスカイ
ラーグルフ
ロンギングエーオ

 

以上7頭です。

ノーザンダンサー系の好走馬が1頭もいないというのは気になりますね。

 


消去法データ 」

消去法は2014年の新潟開催を除く2012年以降の過去9年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① ラジオNIKKEI賞 or 青葉賞1着馬
② ダービー or 皐月賞で3着以内
 連勝馬

 

想定4番人気以内馬で上記の条件①or②or③に該当する馬は

 

アスクビクターモア
ローシャムパーク

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走G1出走馬 又は 近2走以内に皐月賞出走経験あり
② 過去に青葉賞出走経験有り 又は 2400m以上で1着経験あり

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

キングズパレス
セイウンハーデス
ボーンディスウェイ
ラーグルフ
ロンギングエーオ

 

以上5頭です。

ただ2015年以降はダービー・皐月賞出走経験馬がほとんど。

今年で言えばセイウンハーデス・ボーンディスウェイ・ラーグルフが該当します。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は2014年の新潟開催を除く2012年以降の過去9年分で5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は10,3%です。

 

・キャリア9戦以上(0・0・0・25)複勝率0%
・前走間隔10週以内(0・2・0・45)複勝率4,2%
・前走馬体重453キロ以下(0・0・0・19)複勝率0%
・前走福島・新潟・東京・中山開催以外出走馬(0・0・0・26)複勝率0%

 

この条件ではほとんどの馬が条件を突破してしまいました。

よって今回は全てのデスデータを全て突破できなかった馬を載せておきます。

 

マテンロウスカイ
ラーグルフ

 

以上2頭です。

前走間隔10週以内から好走馬は2頭も出ていますが、それは2012年・2013年で各1頭づつ。

2014年以降からは好走馬は全く出ていません。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

傾向的に重視したいのはクラシック出走経験のある馬。

3走前には中山コースでアスクビクターモアやドウデュース相手にコンマ1秒差の勝負をしたことがある馬。

前走は消極的な競馬で持ち味が活きなかったが、積極的に前で競馬を運んでくれれば前走のようなことは無いはず。

あとは何としても内枠をゲットして欲しい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。