シルクロードステークス2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はシルクロードステークス2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦。

今年は京都開催ではなく中京開催。

想定1番人気は実質トップハンデのモズスーパーフレア。

明らかに叩いて本番というタイプなだけに、荒れる要素は十分。

面白いレースになりそうです。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は中京開催で京都開催のデータは使えませんので、限られたデータから脚質傾向を調べていきます。

今週からAコース→Bコース替りとなります。

よって馬場状態もそれに近い中京競馬改修工事後の重賞レース開幕1~4日目で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると複数率では先行勢有利だが、勝ち馬だけで見ると後方勢に分があります。

あくまで参考ですが、脚質の有利不利はあまり気にせず展開だけで考えた方が良いかもしれません。

 

枠順次第ではまさかのセイウンコウセイの逃げということもあるかもしれないが。今回逃げるのはモズスーパーフレアでしょう。

とにかく超快速馬なのでこの馬が走るレースはペースが上がって、4角10番手以下の馬でも結構圏内に来る馬が多い。

ちなみにモズスーパーフレアが出走した近5走の圏内馬15頭中9頭が4角10番手以下だった馬。

個人的な見解としては特に穴で狙うなら後方勢ではないかと思っています。

近走の走りから10番手以下からの競馬になりそうなのはエイティーンガール・ザイツィンガー・シヴァージ・プリモシーン・マリアズハート・ラヴィングアンサー辺りか。

全馬想定5番人気以下なので、ここ辺りから穴馬をチョイスしても面白いかもしれません。

 


次に血統傾向です。

こちらも同じく京都開催のデータが使えないので、2016年以降の同コース重賞データから調べました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

・ミスプロ系

且つ

母父に

・ミスプロ系以外

です。

父ミスプロ系の好走馬が非常に多く、それ以外だとディープ産駒も好走率が高いです。

しかし、母父で見るとミスプロ系の好走率は極めて低い傾向があります。

 

今回の該当馬は

 

カイザーメランジェ
セイウンコウセイ
ダイメイフジ
プリモシーン
ミッキースピリット
モズスーパーフレア

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 7歳以下
② 前走スプリンターズS・ラピスラズリS 又は 関西圏のレースに出走
③ 前走芝1200~1400m
④ 前走G1出走馬 又は 前走5着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

クリノガウディー
ライトオンキュー

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

来そうで来ない掲示板止まりの馬ですが、脚質傾向で書いたようにモズスーパーフレアの作る流れはこの馬にとっては願ったり。

実際にこの馬のベストパフォーマンスと言えるのはモズスーパーフレアが出走した同コースの高松宮記念5着。

今回のメンバーならもう少し着順を上げてこられるはずだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です