サウジアラビアロイヤルカップ2020予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

今回はサウジアラビアロイヤルカップ2020の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

重賞になってから6年で、とにかく堅いレース。

5番人気以下が圏内に来たのは過去6年で2頭だけ。

今年も堅く収まるのでしょうか。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が重賞になってからの過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝ち数では先行、複勝率では先行・差しの成績がとても良い。

ただ逃げ・追い込みの複勝率もそこまでは悪くはないです。

 

あと際立っているのは上り1位の成績ですね。

そこで上り1位だった馬の前走での共通点を調べると

 

前走OPクラスで上り2位以内で1着 又は 前走新馬・未勝利で上り1位で1着

 

更にもっと好走率を高める条件は前走新馬組です。

前走新馬組の上がり1位の1着馬という条件だけにすると、対象馬は過去6年で11頭いて8頭圏内複勝率72,7%という数字になります。

これに該当するのはインフィナイト・キングストンボーイの2頭です。

 


次は枠順傾向です。

以下が重賞になってからの過去6年の枠順傾向です。

 

 

今回の登録馬は13頭なので14番ゲート以降は対象外で、これを見ると複勝率では内外で大きな差はない。

ただ勝ち馬は全て6番ゲート以内に集中している。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し
勝馬なら1~6番ゲート内有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・ダイワメジャー

母方に

・ロベルト内包馬

父方に

・トニービン内包馬

です。

 

今回の該当馬は

 

キングストンボーイ
ステラヴェローチェ

 

以上2頭です。

 


次は消去法です。

重賞になってからの過去6年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走中山出走組以外
② 前走距離1400m以上
③ 前走1着
④ 前走上り2位以内
⑤ 前走脚質 先行or差し
⑥ キャリア4戦以内
⑦ 誕生日1月~4月 

 

上記の条件全てに該当する馬は

 

インフィナイト
キングストンボーイ
ステラヴェローチェ(前走上り3位)
ヴァーチャリティ(出走回避)

 

以上黒字の2頭です。

青字の1頭はやや条件を甘くして上がり3位という条件なら残る1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A)

あまりスタートが良い馬ではなく、デビュー戦は出遅れが響いて2着。

次走もスタートが良くなかったが、ここは能力の違いで1着。

同じく前走もスタートがイマイチではあったが、それでもOPクラスで健闘。

ただ課題のゲートもキャリアを積むごとに改善している。

ゲートさえまともに出れれば、このメンバーなら十分足りる要素はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です