キーンランドカップ2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はキーンランドカップ2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~3番ゲート不利と判断しています。

今週からCコース替わりとなったが、土曜競馬を見る限り外差しが決まっていた印象。

ここは例年通り内枠は割り引きか?

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番メイケイエールですが、この馬は気性に問題があるだけに、内枠より外枠が良かったと思います。

実力は認めるが飛んでも不思議ではない。

 

次に6枠11番ミッキーブリランテですが、基本的には外枠有利なコースで脚質的にも差し馬。

良い配置だと思います。

 

次に7枠13番ダイアトニックですが、昨年は馬場の悪い最内からの大惨敗。

今年は好枠からの発走でチャンスありだが、約1年ぶりの休み明けがどうでるか?

 

最後に6枠12番レイハリアですが、この馬も好枠の外枠を引き当てた。

脚質的には中枠くらいでも良かったかもしれないが、今回は先行馬が手薄で問題ないでしょう。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気の上位人気馬から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

そして今回は馬単で勝負したいと思います。

上位人気馬を見るとピンかパーという可能性が高そうな馬が多く穴馬の2着も十分あり得ると思います。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

3枠5番メイケイエール
7枠13番ダイアトニック
6枠12番レイハリア

 

統計的に1~4番人気の馬が1着になる確率は大体75%。

そうなると頭固定は当然人気馬からで、穴馬が来た時になるべく取りこぼしがないように上位人気馬から消すのは1頭のみ。

今回の消し馬はミッキーブリランテ

 

まずメイケイエールは気性的にピンかパーというタイプ。

内目の枠が心配材料ではあるが、すでに重賞3勝を挙げている実力馬。

アッサリ消えてもおかしくないが、鞍上が乗り慣れた武騎手に替わりアッサリ快勝してもおかしくない。

 

レイハリアは3連勝中の3歳馬。

前走降したヨカヨカは北九州記念の勝ち馬。

今回は斤量に恵まれ、展開的にも先行勢手薄となるとチャンスは十分。

 

最後にミッキーブリランテと迷ったがダイアトニックを残した。

残した理由はダイアトニックを頭固定にすると一気に配当が跳ねるということ。

配当が跳ねるというのはそれなりの不安要素があるからだが、高松宮記念であの不利さえなければG1馬となっていたはずの馬。

近2走の惨敗、休み明けという不安はあるが能力だけで言えば頭一つ抜けた存在であっさり勝たれても不思議ではない。

土曜競馬を見ると馬場的にはミッキーブリランテに向きそうではあるが、イマイチ勝ち切れない印象がある。

ここは高配当狙いで3頭目はダイアトニックで勝負です。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(馬単)

(1着) 
3枠5番メイケイエール
7枠13番ダイアトニック
6枠12番レイハリア

(2着)
穴馬(C)(D)

各600円×6点=3600円

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

血統傾向・穴馬消去法の記事で挙げた馬で前走は前残りの展開ながら唯一後方から圏内を確保した。

土曜馬場を見る限りでは差し馬がかなり伸びていた。

枠がやや内目だがそれさえクリアできればチャンスあり。

(D) ?????

この馬も(C)馬と同じく枠順が課題だが、5走前にはステルヴィオやアドマイヤマーズを撃破して大金星を挙げたことのある馬。

また前走は敗れたとは言え、最後方から追い込んで現在2番人気のミッキーブリランテとコンマ1秒差なら勝負になるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です