カペラステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はカペラステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われるダート1200m戦。

1番人気が圏内に来たのが過去10年で僅か2回。

今年のメンバーを見ても堅軸と言えそうな馬はいない。

下位人気馬の食い込む余地は十分ありそうです。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

全体的に差し・追い込み馬の活躍が多い。

そこで展開を考えると、ダンシングプリンスを筆頭に逃げてこそ持ち味を発揮出来そうな馬が数頭います。

展開的には流れそうで、今年も後方勢有利か?

ただ過去の傾向を見ると上がり性能だけが全てではなく、そこそこの位置取りからそこそこの脚を使う馬も侮れません。

とにかく狙うなら今年は後方勢ですね。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父or母父に

・父or母父にヘイルトゥリーズン系

です。

種牡馬等で特筆できる程の傾向はなく、注目するなら父or母父にヘイルトゥリーズン系を持つ馬が15頭中12頭が該当しています。

 

今回は該当馬が多いので、該当馬を載せます。

 

サブノジュニア
スズカコーズライン
デザートストーム
フォーテ
レッドルゼル
ロンドンテソーロ

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走JBC・武蔵野ステークス出走馬又は前走OPクラス以上で2着以内or2番人気以内  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその回9中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

シュウジ
ジャスティン
レッドルゼル

 

以上3頭です。

外れたダンシングプリンスは前走1600万クラスで、過去10年でこのクラスから挑戦した馬は14頭中1頭だけ圏内という散々な成績です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

脚質傾向で書いた通り狙うなら後方勢。

常に安定した上りを持ち、昨年の好走馬。

リピーターも多いレースであり、展開も嵌りそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です