新着エントリー

オールカマー2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

今年はデアリングタクトを筆頭に中々の好メンバーが揃いました。

オッズ的にも4強構成となっており、堅く収まっても不思議ではない。

とは言っても4番人気以内の馬券で勝負しても面白くもない。

期待値は低いかもしれませんが、少しでも可能性のある穴馬を探していきたいと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が2014年の中山競馬場改修工事後の過去7年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると好走馬の多くは先行・差し馬に集まっています。

そこで今回はこの2脚質に注目しました。

先行・差しで圏内に入った16頭中15頭が…

 

① 前走2000m以上のレースで4角2~7番手
② 前走マイルG1出走馬で4角10番手以下

 

*前走海外遠征馬は前々走を対象

この条件①or②に該当する馬は

 

クレッシェンドラヴ
ソーヴァリアント
テーオーロイヤル
フライライクバード
ヴェルトライゼンデ

 

以上5頭です。

この中に1番人気想定のデアリングタクトの名前がありません。

あまり後方から競馬をするようだと取りこぼしもあるかもしれない。

 


枠順傾向データ 」

以下が2014年の中山競馬場改修工事後の過去7年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率・勝馬ともに9番ゲート以内が優秀です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると10番ゲート以降からは穴馬の好走例なし。

やはり外枠は割引と考えても良いかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・ステイゴールド系

又は

母父or父母父に

・トニービン系

又は

母父or母母父に

・ボールドルーラ系

です。

上記の好走血統の中でも特に今年はステイゴールド系の出走馬が多いですね。

今回の該当馬は

 

アドマイヤアルバ
ウインキートス
キングオブドラゴン
クレッシェンドラヴ
ソーヴァリアント
バビット
ロバートソンキー
ヴェルトライゼンデ

 

以上8頭です。

ちなみに青字の馬がステイゴールド系となっています。

 


消去法データ 」

消去法は2014年の新潟開催を除く2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 6歳以下
② 前走宝塚記念出走馬 又は 近3走以内のG1で3着以内経験あり

 

上記の条件で毎年必ず1頭以上は好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

テーオーロイヤル
デアリングタクト

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下
② 前走4角3番手以下
③ 過去に2200mG2で3着以内
④ 過去に2200mG1で4着以内
⑤ 過去に2200m3勝クラスで1着

 

上記の条件で2013年以外は好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件①②+③or④or⑤に該当する馬は

 

アドマイヤアルバ
フライライクバード
ロバートソンキー

 

以上3頭です。

残った馬はどれも人気薄の馬です。

もし来れば配当的には期待できそうですね。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は9,2%です。

 

・6歳以上(0・0・1・49)複勝率2,0%
・斤量57キロ以上(0・0・0・5)複勝率0%
・前走間隔4週以内(0・0・0・19)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差1,3秒以上(0・0・0・25)複勝率0%
・前走6番人気以下(0・0・0・53)複勝率0%
・前走馬体重452~510キロ以外(0・0・0・17)複勝率0%
・前走4角2番手以内(0・0・0・23)複勝率0%
・前走3勝クラス以下(0・0・0・7)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

ジェラルディーナ

 

以上1頭です。

かなり多くの条件を並べたので、残った馬は僅か1頭です。

そういう意味ではこの馬は期待したいところですが、この馬はモーリス産駒。

先週のセントライト記念の記事でも触れたが、モーリス産駒は基本的に2000mまでがベスト。

そこが非常に悩み処ですね。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟

(A) ロバートソンキー

芝2200mは同コース含め(2・0・1・0)複勝率100%で距離・コース適性は文句なし。

*済みません。中京のローズステークスと間違えてました(-_-;)

3歳時には同コースでヴェルトライゼンデとタイム差なしの勝負をしたことがある。

得意距離なら4強に食い込める余地は十分あると思う。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。