オールカマー2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はオールカマー2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

比較的堅いレースで今年は絶対的軸馬と呼べるであろうレイパパレが参戦。

ライバルであろうグローリーヴェイズも元々川田騎手が乗っていた馬で、その川田騎手がレイパパレを選んだとなるとますます信頼度は高い。

このレースはいかに点数を絞って高回収を狙うかがポイントになるのではないでしょうか。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2014年中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行・差しの複勝率が優秀で逃げ・追い込みはやや劣勢です。

過去6年の圏内馬の前走脚質を調べるとある共通点が見つかりました。

まず圏内馬18頭中14頭が

 

前走2000m以上のレースで4角7番手以内(捲りは除く)

 

ただ残りの例外4頭中3頭にも共通点があり、それは前走1800m以下出走で4角9番手以下であったということ。

しかしこの3頭は本番で4角5番手以内からの競馬で好走しています。

つまり短い距離では置かれてしまうが、2200mのゆったりした流れなら簡単に前で競馬が出来てしまうということ。

更に言うとこの3頭の内2頭は前走マイルG1組です。

対象外ですが2014年の代替の新潟開催でもラキシスが前走ヴィクトリアマイルで4角11番手、本番では4角5番手で好走しています。

よってもう一つ好走パターンを追加するなら

 

前走マイルG1出走馬

 

この2つの条件に該当する馬は多いので該当馬を挙げるとアールスター・アドマイヤアルバ・キングオブコージ・ゴールドギア・ソッサスブレイの5頭です。

基本的に追い込み脚質は厳しいという結論ですが、先週の同コースのセントライト記念ではアサマノイタズラが4角11番手から追い込んで1着ということもあったので絶対ではないが…

 


次は枠順傾向です。

以下が2014年中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見るともともと少頭数が多いレースなので内枠に好走馬が多いのは当たり前と言えば当たり前ですが、それでも10番ゲート以降から好走馬無しとは極端ですね。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見るとこちらも当然同じ結果で9番ゲート内からしか穴馬は出ていません。

 

上記のデータを考慮して

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・ステイゴールド

又は

・トニービン内包馬

です。

ディープインパクト産駒は当然として、複勝率はイマイチなもののステイゴールド産駒が2年連続で好走しています。

またトニービン内包種牡馬のハーツクライ・ルーラシップ、母父トニービンというのもソコソコ走っていますね。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤアルバ
グローリーヴェイズ
ゴールドギア
サトノソルタス
ステイフーリッシュ
ブレステイキング
マウントゴールド
ランブリングアレー
レイパパレ

 

以上9頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

新潟開催だった2014年を除く過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走宝塚記念出走馬 又は 近3走以内のG1で3着以内経験あり

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

グローリーヴェイズ
レイパパレ

 

以上2頭です。

ただ冒頭でも述べたように川田騎手はグローリーヴェイズではなくレイパパレを選んでいますからね…やはりレイパパレか。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 2200mG2で3着以内 or 2200mG1で4着以内経験有 or 2200m3勝クラスで1着

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤアルバ
ウインキートス
キングオブコージ
ステイフーリッシュ

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

過去傾向から顕著な傾向を言うと、

① 過去10年で前走間隔6週以下馬は(0・0・1・58)、
② 過去10年で4番人気以下から来た6歳以上馬の成績は(0・0・1・49)
③ 穴消去法で書いた2200m実績、
④ 新潟開催だった2014年を除けば穴馬は全て9番人気以内

①②の条件に該当しなく、且つ③④の条件に該当する穴馬はこの馬しかいないんですよね。

脚質・休み明けと不安要素も大きいですがこの馬を推奨穴馬とします。

 

(B) ランブリングアレー

(A)馬の所で書いた③の条件以外はクリアしている。

勢いに乗っているディープインパクト産駒で前走はグランアレグリアから離された2着ではあるが、秋華賞2着馬マジックキャッスルには先着。

問題は距離2000mまでしか経験してないことだが勝利経験はある。

距離さえ克服してくれれば、3席目は十分狙える位置にいると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です