オールカマー2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はオールカマー2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

登録馬10頭という何とも寂しい頭数ですが、春天覇者フィエールマンが参戦。

長期休養明けの馬も多く、下位勢が手薄で堅いレースになりそうな予感。

点数を絞って回収率を上げるしかなさそうですね。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2014年改修工事後の過去5年の脚質傾向です。

 

 

複勝率で見ると差し馬が優勢です。

ですが、逃げ・先行馬も健闘していて悪くはない。

軽視したいのは、やはり追い込み馬ですね。

前走脚質が追い込みだった馬は過去5年で16頭いて圏内に来たのは2017年のルージュバックだけ。

今回これに該当するのはオウケンムーン・センテリュオの2頭。

特にセンテリュオは穴人気しそうですが、脚質的には嫌いたい1頭です。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

 

又は

・トニービン内包馬

 

です。

ディープインパクトはもちろんですが、トニービン内包馬も侮れません。

母父にトニービン持ちや、ルーラシップやハーツクライもトニービン持ちで好走馬は多いです。

 

今回の該当馬は

 

オウケンムーン
カレンブーケドール
サンアップルトン
センテリュオ
フィエールマン
ミッキースワロー

 

以上6頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2014年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走G1出走馬  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回は3強オッズなので想定3番人気以内から選びます。

想定3番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

フィエールマン
ミッキースワロー

 

以上2頭です。

まあ、普通に考えればフィエールマン1頭に絞って問題無いと思いますが。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

G2・G3大将と言っても過言ではないほどの安定性。

更に芝2200mは4戦して複勝率100%です。

ミッキースワローには同距離で先着経験もあり、今回狙える穴馬ならこれが1番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です