オーシャンステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はオーシャンステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では15・16番ゲート不利/穴馬限定で1~5番・15・16番ゲート不利と判断しています。

完全にアルピニズム・カレンモエの2強オッズとなっていますね。

ですがいつも通り上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番アルピニズム・2枠3番カレンモエですが、絶好枠でしょう。

ビアンフェが逃げて2・3番手を無難なく取れるポジション。

枠順・実力を考えるとこの2頭が2強となっても仕方がないかもしれません。

 

次に8枠16番ラヴィングアンサー7枠13番アウィルアウェイですが、共に追い込み馬。

外枠というのは問題なし。

ただ両馬とも過去の脚質傾向から言うと頭で狙うには厳しいのではないかと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
2枠3番カレンモエ
1枠2番アルピニズム

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはアルピニズムとカレンモエ。

もう何の迷いもなく絶好枠を引いたこの2頭で勝負です。

ラヴィングアンサーとアウィルアウェイは極端な追い込み馬という時点で頭では狙いにくい。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

枠順的に外過ぎたのは痛いが、週中穴馬候補だったのでやはり残しておきたい。

前走の敗戦は気にしなくても良いと思う。

この馬は二桁着順後でもいきなり激走することが幾度もある。

しかもこのレースで2度も好走しているリピーター。

中山芝1200mの戦績は6戦して(2・1・2・1)という戦績で4着以下はG1戦だけ。

これは積極的に狙うべき穴馬だと思います。

(D)

週中穴馬候補ラヴィングアンサーが離された人気とは言え4番人気とは驚いた。

だが基本スタイルはあくまで5番人気以下。

よって代わりの馬を挙げます。

唯一の気掛かりは去勢明けだが、枠順的には文句なしで単騎逃げ濃厚。

展開面だけで考えると押さえるべき1頭だと思います。

(E)

前走は一気の距離短縮で初距離、しかも勝ってしまった。

追い込みで勝ってしまったのは今回のレース傾向からすると正直気になるところだが、この距離ではまだ底は見えていない。

元々は先行・差しの自在タイプなので今回はもう少し前で競馬をして欲しい。

血統傾向の記事穴馬消去法・枠順傾向の記事の3項目の全てで合致した唯一の穴馬。

買い要素は十分なので狙ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です