新着エントリー

オークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負で、まず1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走OPクラス以上
② 前走5番人気内
③ キャリア3~6戦
④ 前走間隔中4~6週
⑤ 前走4角4番手以下
⑥ 14番ゲート以内

共通事項を挙げるとすればここ辺りくらいまででしょう。

ここまでで残った馬はアートハウス・ルージュエヴァイユ・サークルオブライフ・ナミュール・エリカヴィータの5頭。

そしてここから更に絞りたい。

ただ上記の表ではこれ以上共通事項を見つけられないので、1着馬の過去に遡って共通事項を探してみた。

そうすると過去10年の全ての勝ち馬は以下の3パターンのどれかに該当する。

 

⑦ 重賞3着以内経験3回以上

重賞で確実に力を発揮できる馬ですね。

⑧ 3勝以上

3勝又は3連勝と勢いのある馬。

⑨ 4戦以上連続3着以内

とにかく崩れない安定感が売りの馬。

 

そしてこの追加条件で残った馬はサークルオブライフとナミュールの2頭まで絞れました。

よって今回はサークルオブライフとナミュールを1着固定馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としています。

(3連単)

(1着) 
4枠8番ナミュール
3枠6番サークルオブライフ

(2・3着)
4枠8番ナミュール
3枠6番サークルオブライフ
2枠3番アートハウス
8枠18番スターズオンアース

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→◉〇→★各200円×12点=2400円
◉→★→◉〇各100円×12点=1200円

(計3600円)

 

対抗馬にはありきたりで順当ではあるがアートハウスとスターズオンアースを選んだ。

アートハウス鞍上の川田騎手はスターズオンアースよりこの馬を選択。

桜花賞馬より能力があると見込んだその選馬眼を信じたい。

 

そうなると蹴られた形になった18番ゲートのスターズオンアースは個人的には枠も含めて消す要素満載です。

ただ全出走馬の中で唯一圏内を一度も外したことがない桜花賞馬。

無印にして後悔したくないので押えることにした。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

週中候補でパーソナルハイを挙げていて内枠希望だったが真逆の外枠。

よって今回は代わりにこの馬を挙げたい。

この馬を推した理由は実績の割に舐められた評価だから。

確かに脚質・距離適性を考えるとオークス向きではない。

これが人気馬であるなら危険な人気馬として消しだが、人気が無いのなら話は変わる。

G1でも実績を残して、この時期の3歳牝馬同士なら距離適性も能力差だけでカバーしてくれるのではないか。

幸いにも距離ロスの少ない配置に入ったので、ノーチャンスではないと思う。

 

(D) スタニングローズ

これと言って決定的な決め手は無いのだが、全体的に程よく長所が揃っておりバランスが良い。

デビュー以来大きく崩れたことがなく、上がりに関しても安定している。

重賞勝ちもあり鞍上も一流騎手を確保。

データ的にも過去記事で書いた血統傾向・穴馬消去法推奨馬。

枠順的にも良いところを引いたと思うので、狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。