アイビスサマーダッシュ2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はアイビスサマーダッシュ2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは新潟競馬場で行われる芝1000m戦。

1000mの唯一の重賞でスピード自慢が集まるレースですが、今年は重賞圏内どころかOP勝利実績のない馬が半数以上で、本当に出走するのかも微妙な馬が多い。

また枠順が大きく左右するレースでもあるので、週末まで未確定な部分が多いですね。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると明らかに逃げ・先行馬が有利。

そこで逃げ・先行で圏内に入った20頭の前走を見るとその内17頭に該当するのが以下の条件。

 

・20頭中17頭が前走4角2番手以内

 

この条件に該当するのがセピアノーツ・ホーキーポーキー・ライオンボスの僅か3頭。

ただセピアノーツは未勝利しか勝っておらず、その後は3戦連続二桁着順。

脚質傾向で重視するならホーキーポーキー・ライオンボスの2頭でしょう。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見るとやはり内枠不利。

まあこれは有名な話ですが、とにかく外寄りに入った馬が有利なのは明白です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると更に傾向が顕著で9番ゲート以降からしか穴馬が出ていません。

特に今年は例年とは違い福島開催の替わりとして新潟競馬場の馬場は酷使されており、開幕週とはいえ例年以上に外枠有利な傾向が高まるかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

9番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

母父に

・サンデーサイレンス系
・ヘイロー系

又は

母方に

・シアトルスルー内包馬

です。

昨年はミスプロ系が独占でしたが、過去5年の複勝率で言えば標準。

ただ母父で見るとサンデーサイレンス系・ヘイロー系がかなり優秀。

この2つの系統は大系統で言えば同じヘイルトゥリーズン系。

 

また母父ボストンハーバーはシアトルスルーを内包しており、それ以外の年でも母方にシアトルスルーを持っている馬は好走しています。

 

今回の該当馬は

 

オールアットワンス
ビリーバー
ホーキーポーキー
モメチョッタ
ライオンボス
ロードエース

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牝馬
② 5歳以下
 斤量55キロ以下

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

オールアットワンス

 

以上1頭です。

牡馬の好走も多くあるのですが、とにかく牝馬の活躍が顕著。

過去10年で4番人気以内に入った牝馬の複勝率は54,5%でこれだけでもかなりの数字。

更に5歳以下で斤量55キロ以下とすると複勝率66,7%となります。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 7歳以下(牝馬は5歳以下)
② 前走距離芝1200m以下
③ 前走2~3勝クラスで3着以内、それ以外は前走4着以内or4角2番手以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

グレイトゲイナー
ジュランビル
ロードエース

 

以上3頭です。

ただもっと厳密にいえば3勝クラス以下から激走した馬の4頭中3頭は前走1着馬。

そうなるとグレイトゲイナーとジュランビルは消えてロードエースだけが残ります。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

このレースは枠が重要。

配置次第では候補馬はガラリと変わる可能性があります。

(A) ロードエース

今回の下位人気想定馬はかなりの低レベル。

正直5番人気以下から狙えそうな馬を考えるとこの馬くらいかなと思うんですよね。

このレースと好相性の韋駄天ステークス経由の3着馬。

更に血統傾向・穴馬消去法でも挙げた馬で想定騎手は個人的にはかなり重視している松山騎手。

妙味は薄いが押さえておくべき穴馬はと言えばまずこの馬だと思います。

(B) ?????

格下だが近7走で6圏内。

初距離ではあるが父はキンシャサノキセキで適性は十分あるはず。

最初に書いたようにとにかく低レベル馬が集まった中で、期待が持てそうな数少ない馬の1頭です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です