きさらぎ賞2021予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はきさらぎ賞2021の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

先週はBコース替りになったにもかかわらず、外差し馬場が顕著でした。

京都競馬場改修工事の影響で過去に例がない開幕日数が続いています。

よって今回は先週の同コースデータを参考にしました。

 

 

サンプル数は少なく、頭数も少ないレースばかりだったので複勝率では内外で大きな差はありません。

ただ勝ち馬は5枠以降に集中しています。

 

今度は4番人気以下限定の枠順傾向です。

普段は5番人気以下の傾向を調べるのですが、少頭数のレースばかりだったので今回は4番人気以下としています。

 

 

これを見ると穴馬は外枠からしか出ていません。

今回のレースも登録馬が少なく少頭数は間違いないですが、やはりそれでも外枠有利ではないでしょうか。

 

上記のデータを考慮して

 

5枠以降有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走中山出走馬以外
② 前走芝1600m以上出走馬
③ 前走3着以内
④ 前走4角5番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ショウナンアレス
タガノカイ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

出遅れ癖がネックだが、今回のゲート練習では問題ないらしい。

スタートさえ決めてくれれば、デビューから2連勝しているように能力的には十分圏内の可能性あり。

ゲートに不安があるので外枠であれば尚更良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です