新着エントリー

CBC賞2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 5~6歳
② 前走距離1000~1600m
③ 前走10着以内

④ 前走初角3番手以下
⑤ 前走敗戦馬の着差1.0秒以内
⑥ 前走馬体重444キロ以上

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

意外だったのは前走逃げた馬がいないということ。

前回記事の脚質傾向でも書いたが、このコースは逃げ馬が反則的な程有利です。

そして上記の条件から残った馬はカリボール・スマートリアン・タイセイビジョン・ファストフォース・ロードベイリーフの5頭です。

さらにここから更に2頭にまで絞るのだか、上記の事項からはこれ以上絞りきれない。

よって過去10年1着馬から例外と言えそうな馬をピックアップした。

それは2018年のアレスバローズ。

先程も言ったが逃げ馬の活躍が半端じゃない。

そこから考えると、アレスバローズの前走4角15番手というのは明らかに例外。

よってアレスバローズを除く過去の1着馬の共通点を見ると…

⑦ 前走4角3~6番手

 

かなり好走条件が狭いがこの条件で残ったのはスマートリアン・ファストフォースの2頭。

これでようやく2頭にまで絞れたので、今回はスマートリアンとファストフォース軸馬とします。

ただファストフォースの大外枠はちょっと痛いかも…

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
6枠12番スマートリアン
8枠17番ファストフォース
1枠2番アネゴハダ
4枠8番タイセイビジョン
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

まず対抗馬1頭目は軽量ハンデのアネゴハダ

過去傾向から言うとハンデ40キロ台の馬が来たことは一度もない。

とは言え49キロのハンデはかなり有利。

これが実績もない馬なら無視するが、フィリーズレビューでナムラクレアと接戦したことがある馬で前走は圧勝。

押さえない訳にはいかない。

 

そして対抗馬2頭目は最重量ハンデのタイセイビジョン

最軽量ハンデのテイエムスパーダと迷ったが、鞍上が重賞初挑戦でいきなり人気を背負った馬に今村聖奈騎手となるとちょっと荷が重い。

それならばトップハンデで脚質的な不安もあるが鞍上川田将雅騎手のこの馬に賭けたい。

昨年は4着だったが今年こそお願いします。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(E)(F)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

このレースの過去10年の5番人気以下で絡んだ穴馬は計12頭いますが、その内11頭が6番人気以下の5~6歳馬で当日単勝オッズ90倍台以下でした。

現時点で単勝100倍台を除く6番人気以下の5~6歳馬から見込みのありそうな馬を選んだ。

同コース成績は(1・1・0・2)でコース適性は問題なし。

あとこの馬は斤量に敏感なのか斤量56キロ以上だと複勝率26,7%に対し55キロ以下だと複勝率が一気に54,5%まで跳ね上がる。

数戦しかないデータならともかく、分母もそれなりに多いので信用できるデータだと思います。

そしてその傾向は前走でも示している。

人気的にも程よく狙いやすい位置にいるのでこの馬を推奨します。

 

(F) カリボール

距離経験は幅広く3000m~1400mまで試行錯誤。

そして前走は初1200でいきなり勝利した。

血統的には母父サクラバクシンオーがいるくらいなので距離的適性はあるのかもしれない。

このレースは昇級馬の成績もかなり良いので期待しています。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。