鳴尾記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は鳴尾記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは中京競馬場で行われる芝2000m戦。

上位人気馬のオッズは割れていますが、個人的に扱いに困るのはブラストワンピース。

有馬記念では心房細動で競争中止でそれ以来の1戦。

もう終わった馬だと思うのですが、このメンバーならあるいは…

G3・G2戦に限れば5戦4勝で明らかに格上の存在。

飛ぶか突き抜けるかの2パターンかもしれない。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は阪神開催ではなく中京開催。

ちなみに開幕初週ですが先週からBコース替わりになっていて今回は実質開幕3日目です。

しかも連続開催でただの開幕3日目とは言えないかもしれません。

よってデータは中京競馬場改修工事後の2012年以降、同コース重賞で馬場状態も同条件に近そうな開幕3~6日目で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると最も複勝率が高いのは逃げ馬。

しかも圏内に入った4頭の人気は4・5・6・7番人気で比較的人気薄の馬が絡んでいる。

今回の登録馬を見ると単騎逃げの可能性が高いショウナンバルディがこれに当てはまりそう。

人気薄なので穴馬としては面白いかもしれない。

 

次いで差し馬優勢だが、だからと言って前走の上りが速い馬ばかりが活躍しているわけでもなく、これといった傾向は見当たらなかった。

今回は特に逃げ馬以外にこれだと言える傾向が見つからなかったので参考までに。

 


次は枠順傾向です。

枠順傾向も脚質傾向と同じ条件で調べました。

中京競馬場改修工事後の2012年以降、同コース重賞で馬場状態も同条件に近そうな開幕3~6日目。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬の多くは13番ゲート以内。

複勝率では内外で大きな差はないですね、

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると1~3番ゲートからは圏内馬無し。

ただ、先週の日曜馬場をみると内馬場はやや荒れているものの、伸びないわけでもない。

そして登録馬13頭ということを考えるとあまり気にしなくても良いかもしれない。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ただ強いて言えば先週日曜は1・2番ゲートからの連対馬無し。

最内枠付近はやや割引?かもしれない。

 


次に血統傾向です。

中京開催ということで過去のデータは使えません。

よって2016年以降の中京競馬場同コース重賞でサンプル数5レース以上・複勝率30%以上の種牡馬を調べました。

傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・キングカメハメハ
・ディープインパクト
・ダイワメジャー

です。

2000m戦でダイワメジャー産駒のイメージはありませんが、王道血統のキンカメ・ディープ産駒の活躍は母数が多いにもかかわらずかなり良いですね。

 

今回の該当馬は

 

クラージュゲリエ
サトノソルタス
ブラヴァス
ワイプティアーズ

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

距離と開催時期が変更になった2012年以降の過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走OPクラス以上
② 近3走以内にOPクラス以上で1着 又は G2以上で2着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

サンレイポケット
ヒンドゥタイムズ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

同じく過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走OPクラス以上
② 近3走以内にOPクラスで4着以内 又は G3以上で5着以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アフリカンゴールド
クラージュゲリエ
サトノソルタス
ショウナンバルディ

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

中京芝2000mは1着・1着・4着・3着という中京巧者。

しかも今回は展開的に自分の競馬が出来そうで、脚質傾向からも1発があってもおかしくない。

(B) サトノソルタス

とにかく中10週以上でしか結果を出していない馬で、正直買い時は前走で穴馬候補4番手だったので印を回せなかった。

ただ今回の登録馬の中で比較するとこの馬を挙げざるを得ない。

血統傾向・穴馬消去法でも挙げた馬で展開的にもこの馬の好走パターンである先行策が取れそうなメンバー構成。

あとはなるべく内寄りの枠が欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です