青葉賞2021予想 枠順確定後の最終結論 

今回は青葉賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠6番アオイショーですが、脚質的には4枠5枠くらいが良かったかなと思いますが、極端な内枠配置でもないので問題ないでしょう。

 

次に5枠10番キングストンボーイですが、差しでも先行でもできる自在タイプ。

程よい中枠ならこの馬も問題ないでしょう。

 

次に1枠2番ワンダフルタウンですが、自在タイプの馬ではあるがこの枠ならある程度前目で競馬をした方が良いのではないか。

果敢に前に行きたそうな馬が外枠に多いので、出して行けばそこまで無理なく良いポジションを取れるのではないか。

 

最後に2枠3番ノースブリッジですが、これは絶好枠でしょう。

逃げ候補は外枠に集中していて、この馬だけが内枠配置。

外枠の馬があっさり諦めるようであれば、楽に主導権を握れる可能性もあり。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
5枠10番キングストンボーイ
3枠6番アオイショー

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
5枠10番キングストンボーイ
3枠6番アオイショー
1枠2番ワンダフルタウン
2枠3番ノースブリッジ

各100円×36点

(計 3600円)

 

3連単勝負です。

頭で選ぶのは基本的に人気馬。

そして対抗馬も基本的に上位人気に近い馬。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

頭を選ぶ基準は複勝率の高そうな馬ではなく、飛ぶ可能性が高そうでも頭で狙えそうな馬です。

基本は人気馬の中から頭で狙いにくい馬消して残った2頭を選びます。

 


「頭で狙いにくい馬 其の①」

ワンダフルタウン

キングストンボーイとの比較になってしまうのですが、キングストンボーイの前走共同通信杯の相手は1着エフフォーリア(皐月賞1着)・2着ヴィクティファルス(スプリングステークス1着)・3着シャフリヤール(毎日杯1着)・4着キングストンボーイ・5着ステラヴェローチェ(皐月賞3着)というメンバー。

それに対してワンダフルタウンが2走前に負けたシュヴァリエローズはその後皐月賞11着、前走コンマ1秒差で負かしたラーゴムは皐月賞13着。

ワンダフルタウンも侮れない馬ではあるが、この馬が好走するならキングストンボーイは更にその一歩先にいると思う。

弱いとは言わないがこの馬よりキングストンボーイの方が先着するという意味で頭で狙いにくい馬として選びました。

 

「頭で狙いにくい馬 其の②」

ノースブリッジ

戦績は素晴らしい。

2戦とも逃げて上り最速勝利。

ただ青葉賞は決めて勝負の傾向が極めて高く、過去10年で8勝が上り1・2位。

さすがにこれだけのメンバー相手に東京競馬場で逃げて尚且つ上り1・2位は厳しいだろう。

距離経験も2000mまでしかなく、過去10年で1勝クラスから圏内に入った馬は20頭いて19頭が前走2200m以上を経験している。

 


頭狙いは上記でほとんど述べてしまったがキングストーンボーイ。

理由は繰り返すが共同通信杯のレベルの高さ。

距離が未知数なのでそこは微妙だが、3歳戦なら能力の高さでカバーしてくれるだろう。

 

キングストーンボーイがやられるとしたらアオイショーではないか。

3戦連続上り最速で唯一の敗戦は2戦目のホープフルステークス。

G1でも上り最速を繰り出す性能はこのコースでも生きるはず。

全て中山コースでの実績というのは気になるが、爆発力という点では面白いと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

週中候補モンテディオが痛恨の18番ゲートではさすがに手が出ない。

そこで代役としてこの馬を挙げます。

このレースで好走する穴馬は重賞組以外は2200m以上の1勝クラスで好走することが必須条件と言っても過言ではない。

この馬は非外枠でこの条件を満たしている。

(D) ?????

こちらも同じく週中候補リーブルミノルが痛恨の15番ゲート。

やはり過去の傾向を見ても13番ゲート以降は人気馬でも飛びまくる死枠。

そこで代役としてこの馬を挙げます。

(C)馬と同じく2200m以上1勝クラスの好走馬で非外枠。

姉にルージュバック、兄にポタジェがいる。

ホープフルステークスではアオイショーに先着して6着。

人気も全くないようなので面白いかもしれません。

(E) ワンデイモア

連勝で挑んだ前走の重賞では3番人気にまでなった馬。

だが前走の敗戦で人気は一気にガタ落ち。

しかし前走は前に行った順で決まったような完全前残りレース。

そのレースで追い込み競馬ではさすがに届かなかった。

人気もあまりなく東京コースに変わる今回は妙味がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です