阪神牝馬ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は阪神牝馬ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠7番イベリスですが、逃げ馬ではあるが傾向的には内は不利。

内過ぎず外過ぎず問題ないでしょう。

 

次に4枠4番マジックキャッスルですが、差し馬ですからできればもう少し外目がよかったですね。

枠順傾向的にも良くはない。

 

次に6枠8番リアアメリアですが、この馬は先行馬なのでイベリスと同じような理由で問題ないと思います。

 

最後に7枠10番デゼルですが、枠順傾向的にも脚質的にもベストな配置だと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
4枠4番マジックキャッスル
7枠10番デゼル

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはマジックキャッスルとデゼル。

今回はかなり迷いました。

展開・脚質傾向から判断すると前有利と判断するのが妥当。

通常なら頭狙いは当然イベリス・リアアメリアで決まりなんですが…

 

イベリスはもともと週中穴馬推奨馬。

穴馬で狙うには面白いが人気馬の扱いで頭を狙うにはちょっと荷が重いと思っています。

リアアメリアは左回りがベスト。

前走こそ福永騎手が騎乗していましたが、それまではずっと川田騎手が騎乗。

その川田騎手がデゼルに乗るとなると…こちらを優位に取りたい。

 

今回の展開は前有利と分かってはいますが、敢えて差し馬を狙います。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

1200m戦ではダノンスマッシュとコンマ2秒差の勝負をしたり、スプリンターズステークスでも7着と大健闘。

ただ以前は1600m以上のレースばかり使われていて、1600m戦は(3・1・3・7)と決して悪い数字ではない。

ベスト距離は1200~1400かもしれないが、ダノンスマッシュと接戦した単純な能力を考えるとこれくらいのメンバーなら一発あってもおかしくはない。

(D) ?????

傾向的には悪枠と言える内枠に入ってしまったが、脚質傾向の記事で挙げ馬なので推します。

展開的にはスローペースの可能性が高く、前走のように後方からでは届きそうにないが、今回は少頭数でもありある程度自在性もある。

今回人気の一角ギルデッドミラー相手に前走タイム差なしの勝負をした能力に期待します。

(E) ドナウデルタ

正直外枠の馬で買いたい馬がいなかった。

残り物みたいな感じになってしまいますが、この馬は3走前に実績馬ピースワンパラディ相手にマイル戦で勝利しています。

近2走はかなり後方からの競馬になっていますが、基本的にはもう少し前目で競馬をする馬。

今回の鞍上なら多少積極的に乗ってくれるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です