阪神大賞典2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は阪神大賞典2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

中山と同じく阪神も雨模様。

ただ長距離戦の少頭数となれば、そこまで内外で有利不利は考えなくて良いか?

むしろ考えたいのは道悪適正とスタミナ要素だと思います。

 

少頭数の長距離戦ということで枠順に関してはあまり気にしていません。

よって今回はいつもの枠順に関するコメントは省略します。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
6枠9番アリストテレス

 

(2着)
7枠10番ユーキャンスマイル
6枠8番ショウリュウイクゾ

(3着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはアリストテレス。

もはや説明する必要もないでしょう。

 

問題は対抗馬です。

ピークが過ぎた?ユーキャンスマイルと前走ハンデに恵まれて勝利?のショウリュウイクゾではどうなのか?

とは言ってもその他のメンバーを見渡すと、この2頭に勝る買い要素が少な過ぎる馬が多い。

少なくとも2・3着のどちらかにこの2頭が入るのではないか。

 

あとは買い方で基本は回収率1000%超えがスタイル。

となるとアリストテレスが1着固定である以上、回収率1000%超えを目指すには2着も固定するしかない。

ここは順当にユーキャンスマイルとショウリュウイクゾを2着付けとしました。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

3000mを越えるレースでは掲示板前後くらいでソコソコ好走している。

ただそれ以外のレースをみてもせいぜい3着まで。

正直戦績的には強く推せる材料は少ないのだが、血統傾向でも穴馬消去法でも挙げた馬である。

プラス材料は道悪馬場。

全く切れる脚が無いので、ガチンコのスタミナ勝負ならチャンスは広がる。

あと今回の鞍上は阪神大賞典で過去10年中8回騎乗して(4・0・1・3)というズバ抜けた数字。

一番の期待材料は騎手ですね。

(D) ?????

良績が左回りに偏っているのが気掛かりだが、脚質傾向と穴馬消去法の記事で挙げた馬。

特に3000mを超えるレースになってから成績が安定してきた。

現状オッズでも人気が無いので距離適性という点で推してみたい馬です。

(E) アドマイヤジャスタ

父ジャスタウェイという点で見ると距離は明らかに長そう。

ただ父の父は長距離血統のハーツクライ。

昨年の夏ころから復調気味で、4走前は洋芝コースで勝利しているようにスタミナを要する馬場は歓迎かもしれない。

人気もないので妙味十分な穴馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です