阪神大賞典2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回は阪神大賞典2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よろしければスプリングステークス2021の記事も書いているのでご覧ください。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝3000m戦。

今年の主役はなんと言ってもアリストテレス。

2番人気想定が前走大惨敗のユーキャンスマイル、3番人気想定もけしてメンバーレベルが高かったとは思えないショウリュウイクゾ。

となるとここはアリストテレスには逆らえないか?

先週はデアリングタクトがまさかの2着にやぶれたので競馬に絶対はないが、現時点ではこの馬に対抗できるような馬は見当たらない。

残る2・3着の席を争う戦いになるのではないでしょうか。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬が5勝、捲りが5勝となっています。

要は最終的に4角で前目につけてた馬が全て勝っているということ。

ただ先行馬はだいたい予想できるにしても、捲る馬は予想しづらいですね。

ここは別のデータから調べたいと思います。

注目は上がり1位の複勝率100%というデータ。

上り1位で圏内に入った11頭中10頭に該当するのが以下の項目。

3パターンのどれかに該当すればいいです。

 

前走G2以上のレースで上り2位以内

過去にG1で上り最速経験有り 

3000m以上のレースで上り最速経験有り

 

今回これに該当する馬はアリストテレス・ショウリュウイクゾ・ナムラドノヴァン・メイショウテンゲン・ユーキャンスマイルの5頭。

普通に想定上位人気3頭が入ってしまいましたが、この条件で過去10年の圏内馬30頭で見ても約3分の2が該当します。

人気が薄そうなナムラドノヴァン・メイショウテンゲンにもチャンスはありそう。

ちなみに残りの3分の1の多くは3000m以上の距離が初経験や格上げ馬でここあたりは未知数です。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると13・14番ゲートの複勝率が悪いが、これは単純にサンプル数が少ないだけで何とも言えない。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると11番ゲート以降の複勝率が悪いが、これも先ほど書いた内容と同じでサンプル数が少ない。

全体的に見て特に内枠に成績が偏っているということもないので枠順は気にしなくても良さそう。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ステイゴールド
・ハーツクライ
・ディーインパクト

又は

母父に

・ロベルト系

又は

・グレイソブリン内包馬

です。

スタミナを補強するロベルト・グレイソブリンもそうですが、やはり長距離種牡馬で言えばハーツクライ。

あと過去5年でステイゴールド産駒の圏内馬は1頭ですが、それ以前にはとにかくステイゴールド産駒が走ってます。

ただ今年は該当馬がいませんでした。

対象馬には入れませんでしたが、ステイゴールド系のオルフェーヴル産駒のショウリュウイクゾは適性ありかもしれません。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤジャスタ
アリストテレス
ゴースト
タイセイトレイル
タイセイモナーク
メイショウテンゲン

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離2200m以上のG2クラス以上出走馬
② 前走一桁着順

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アリストテレス
ショウリュウイクゾ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走芝2400m以上
② 前走重賞出走馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイセイトレイル
ナムラドノヴァン
メイショウテンゲン

 

以上3頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

3000mを越えるレースでは掲示板前後くらいでソコソコ好走している。

ただそれ以外のレースをみてもせいぜい3着まで。

正直戦績的には強く推せる材料は少ないのだが、血統傾向でも穴馬消去法でも挙げた馬である。

あと今回の鞍上は阪神大賞典で過去10年中8回騎乗して(4・0・1・3)というズバ抜けた数字。

一番の期待材料は騎手ですね。

(B)

良績が左回りに偏っているのが気掛かりだが、脚質傾向と穴馬消去法で挙げた馬。

特に3000mを超えるレースになってから成績が安定してきた。

今回は前走より斤量が3キロ重くなる分、穴人気する程ではないだろうし押さえておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です