阪神カップ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は阪神カップ2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では16~18番ゲート不利と判断しています。

ただ今回は結局16頭立てとなったので、あまり意味はないかもしれません。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠12番インディチャンプですが、この馬はとにかく内枠ばかり引いていた馬ですが、久しぶりの外枠。

ベストはやはりもう少し内寄りが良かったかも。

 

次に3枠6番ダノンファンタジーですが、先行策を取るにはベストな配置でしょう。

 

残りの4枠7番ステルヴィオ・4枠8番フィアーノロマーノですが、揃って中枠に集まりましたが、脚質も同じ差しタイプ。

特に問題ないでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
6
枠12番インディチャンプ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

(2・3着)
4枠7番ステルヴィオ
3枠6番ダノンファンタジー
4枠8番フィアーノロマーノ

各100円×12点

 

(1着)
4枠7番ステルヴィオ
3枠6番ダノンファンタジー
4枠8番フィアーノロマーノ

(2・3着)
6枠12番インディチャンプ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはやはりインディチャンプ。

圏外はさすがに無いと思うのですが、ただ高配当を期待するなら2・3着。

インディチャンプはあくまでマイルのスペシャリスト。

非根幹距離1400mのスペシャリストが力を発揮すれば、まさかの2・3着もあり得なくはない。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

2走前からブリンカーを着けて、成績が上昇してきている。

前走は初距離の1400mで久しぶりの勝利。

ただ母は名スプリンターのビリーヴで1200~1400くらいが合っている可能性が高そうで、むしろなんで短距離を使わなかったか不思議なくらい。

今回も前走と同じ距離なら、配当的にも狙う価値はありそうです。

(D)

旬を過ぎたディープ産駒は消しだとは思うのですが、2走前は明らかに不利な馬場に泣かされ、前走はG1レース。

まだプッツンしたと判断するには早計かもしれない。

人気馬としてなら買いたい馬ではないが、穴で狙うなら十分資格がある馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です