阪急杯2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は阪急杯2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

今回は上位人気馬がかなり強力。

インディチャンプ・ダノンファンタジー・レシステンシアの3強。

名前だけ見ると穴狙いは無謀かもしれませんが、個人的には取りこぼしも十分あると思っています。

順当に決まらないのが競馬なので、僅かな望みですが狙っていきます。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬が3勝で勝率は断然

しかし差し・追い込みで6勝挙げているように決して前が有利とは限りません。

 

今回のメンバーを見ると逃げ馬はほぼレシステンシアと考えて良いでしょう。

単騎逃げが叶いそうなメンバー構成なら、実力も加味すると頭で狙うならレシステンシアは重視したい。

 

一方で差し・追い込みで6勝という点にも注目したい。

後方勢から勝利した馬に共通する点を探ってみると

 

前走海外組のロードカナロア除く5頭中3頭が前走4角10番手以下からの上り1位

 

今回これに該当するのがインディチャンプ1頭のみ。

ただ不安なのは明らかにマイル向きの馬で前走ダノンファンタジーに敗れている。

そのダノンファンタジーは前走1400mで覚醒した可能性があるだけに‥‥

個人的には現時点では消したいけど消せない、推したいけど推せない微妙な馬ですね。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父or母父に

・父or母父にノーザンダンサー系

です。

 

とにかく目立つのはノーザンダンサー系を持っている馬。

種牡馬で見るとディープインパクト産駒は複勝率では40%なのですが、結局は母父ノーザンダンサー系。

今回人気馬のディープインパクト産駒ダノンファンタジーは母父ナスルーラ系でここの判断は微妙ですね。

 

今回の該当馬は

 

カツジ
ザイツィンガー
ジャンダルム
タマモメイトウ
ブラックムーン
ベストアクター
ミッキーブリランテ
メイケイダイハード
レシステンシア

 

以上9頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1・シルクロードS・京都金杯・阪神カップ出走馬
② 前走3着以内or3番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そして10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10頭です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

インディチャンプ
ダノンファンタジー

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

2走前は奇策の逃げを打ったとはいえ、初の1400m戦で内枠不利な馬場でありながらステルヴィオとアドマイヤマーズを撃破しての勝利。

今回はその時と同距離でのレース。

距離適性という点ではまだ未知数で可能性はゼロではない。

再びの大物喰いを密かに期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です