新着エントリー

関屋記念2022予想 枠順確定後の最終結論

関屋記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 7歳以下
② 斤量57キロ以下
③ 前走牝馬限定戦を除く距離1400~2000m
④ 前走4角2番手以下
⑤ キャリア26戦以内
⑥ 前走馬体重、牡馬は482キロ以上
⑦ 前走G1出走馬を除く前走間隔中3~9週
⑧ 前走から斤量同・減馬

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はウインカーネリアン・ダノンザキッドの2頭です。

この条件でいきなり2頭にまで絞れました。

データ抜きで考えたら個人的にはイルーシヴパンサーを推したいところですが、今回はウインカーネリアンとダノンザキッドを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
5枠8番ダノンザキッド
7枠12番ウインカーネリアン
1枠1番イルーシヴパンサー
5枠7番スカイグルーヴ
穴馬(E)(F)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

対抗馬1番手はイルーシヴパンサー

安田記念で1番人気だった程の馬で普通に無印はあり得ませんね。

前走敗れたとは言えコンマ2秒差。

G3レベルなら勝ち負けではないか。

 

対抗馬2番手はスカイグルーヴ

近走短い距離ばかり使われているが、デビューから4戦連続で2000mを使っていたくらいなのでマイルは問題ない。

2戦連続で重賞で好走、勢いもあり鞍上込みで押さえることにした。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

ピークを過ぎた〇〇産駒は要らないと普段から言っているが、前々走まではまさにその通りの走りだった。

ところが前走では長期休養明け・トップハンデ・不得手な右回りという三重苦がありながら、復活を予感させる走り。

気難しい馬なので揉まれると心配ではあるが、前走の積極策で好走している以上今回も積極的に行くのでは?

馬場が渋ると良くない可能性は十分あるが、得意の左回りで番手くらいを取れれば面白いかもしれない。

 

(F) ザダル

距離がやや短いようにも思えるが、得意の左回りで1600勝利実績もある。

鞍上は初騎乗になるが、リーディング上位騎手を確保。

懸念材料は斤量だけで、現在の人気もそこで嫌われているのではないか?

ただこれで人気が落ちるなら逆に狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。