関屋記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は関屋記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番シャドウディーヴァですが、外枠有利なレースでこの馬は差し馬。

もう少し外目がよかったはずでこれはマイナスですね。

 

次に4枠8番アンドラステですが、外枠有利ではあるが先行馬なので特に問題ないでしょう。

 

次に6枠11番ソングラインですが、外枠の差し馬というベストな配置。

良い枠を引いたと思います。

 

最後に3枠6番ロータスランドですが、前目で競馬をしたいはずなので馬場の悪い極端な内寄りではないこれくらいの配置なら及第点くらいか。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せで人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

そして今回は馬単で勝負したいと思います。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

6枠11番ソングライン
2枠3番シャドウディーヴァ

 

ソングラインが前走敗れた相手は安田記念3着馬シュネルマイスター。

能力比較から考えてもここでは上位で、しかも斤量51キロ、枠順も文句なしとなれば断然人気で妙味はないがこの馬は外せない。

 

ソングライン1頭だけで勝負しようと思ったが被り過ぎたオッズなので、高配当狙いで2頭目はシャドウディーヴァとした。

前走は不得手な右回りながらも3着と好走。

枠は厳しいところに入ったが、福永騎手が上手く外に持ち出してくれればという期待はある。

今回は先行馬多数で今の新潟の馬場は外差し馬場になりつつある。

流れと天気による馬場悪化も考慮するとこの馬にもチャンスはありそう。

 

ちなみに真っ先に消したのは川田騎手から岩田望来騎手への超鞍上弱化のアンドラステ。

消した理由は騎手が全て。

岩田望来騎手の生涯重賞成績は

1~4番人気で(0・3・2・10)で1着になった経験無しで買えても2着まで。

これが5番人気以下になると凄まじく(0・1・0・48)で5番人気以下なら無条件で消してよいレベル。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(馬単)

(1着) 
6枠11番ソングライン
2枠3番シャドウディーヴァ

(2着)
穴馬(C)(D)

各900円×4点=3600円

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) カラテ

現時点のオッズは想定オッズより人気がない。

多分この原因はダービー卿を回避して安田記念での大敗が未だに影響しているからではないか。

確かにその部分は不安ではあるが、東京新聞杯ではカテドラルやシャドウディーヴァを撃破した実力を考慮すると、穴馬としてなら買う価値はある。

枠も良いところを引いたのでこの人気なら押さえておきたい。

(D) ?????

外差し馬場ならこの馬にチャンスがありそう。

昨年の同レースで痛恨の出遅れながら4角17番手という絶望的な位置から完勝。

かなりのコース適性があるのかもしれない。

今年も同様に外枠配置なので、休み明けではあるが昨年と同じ鞍上という期待も込めてこの馬を推します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です