金鯱賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は金鯱賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

いつもなら枠順配置を見ていきますが、今回は少頭数で有利不利は関係なさそう。

そして今回は圏内2席はデアリングタクトとグローリーヴェイズの2強で埋まると思っているので、枠順での見解は省略します。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

ちなみに総合オッズで見ると3番人気はブラヴァス4番人気はポタジェとなっています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
4枠4番グローリーヴェイズ

(2・3着)
1枠1番デアリングタクト

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

このレースでデアリングタクトから一撃回収を狙うとしたらこの買い方しかないと判断しました。

これでデアリングタクトが1着に来たらそれは仕方ないと諦めます。

 

一応言っておきますが、オッズ抜きで考えたらデアリングタクトが断然1着候補です。

仮に2番人気がブラヴァスくらいのレベルの馬ならデアリングタクト1着固定で諦めるが、道悪と距離適性に疑問はあるもののグローリーヴェイズなら実績的にデアリングタクトを負かせる可能性はある。

ハイリスクハイリターンで勝負!

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

まず言っておきたいのがこのレースは大型馬の活躍が顕著なレースです。

過去4年で圏内馬12頭中11頭が498キロ以上。

残りの1頭は牝馬のリスグラシューだけです。

(C) ?????

スタートで一瞬に全てが終わる可能性はあるが、2強に食い込めそうな爆発力がこの馬にはある。

ジャパンカップで暴走と言えるラップを刻み8着に粘りこんだのはまさに奇跡。

あと先ほども書いたが、とにかく大型馬を買うべきレースだと思います。

(D) ?????

この馬も大型馬。

過去の好走歴をみると1秒差以上の大敗後に好走する傾向があり、今回はそのパターンかも?

あと道悪馬場も味方にできそう。

正直、能力疑問視の4歳世代でこのメンバー相手に足りるのかが問題だが、今回乗り慣れた鞍上ではないが、むしろ鞍上強化と言えそうな騎手に交代したのでそこに期待します。

(E) ペルシアンナイト

休み明けが懸念材料の馬だが、最後の1頭もやはり大型馬のこの馬を選んだ。

脚質傾向の記事で書いたが、上り1位の馬の成績は80%超え。

その条件は前走G1出走馬で上り3位以内

該当馬はデアリングタクトとこの馬だけ。

有馬記念ではクロノジェネシスと同じ上り2位、マイルチャンピオンシップでも上り2位と大野騎手になってから末脚が安定している。

札幌記念ではラッキーライラックに先着、有馬記念ではクロノジェネシスとコンマ6秒差の7着ならこのメンバー相手でも十分やれる馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です