新着エントリー

葵ステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


いつもはまず1着固定馬を決めていましたが、今週からはちょっと馬券の買い方を変えて勝負していきます。

今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走1勝クラス以上距離芝1200~1400m
② 前走初角4角共に3番手以内
③ 前走6番人気以内
④ キャリア6戦以内
⑤ 前走馬体重444キロ以上
⑥ 前走間隔中13週以内

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はテイエムスパーダ・ブレスレスリーの2頭。

今回はアッサリと2頭に絞ることが出来ました。

よって今回はテイエムスパーダとブレスレスリーを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)

(1着)
7枠13番ブレスレスリー
1枠2番テイエムスパーダ

(2・3着)
7枠13番ブレスレスリー
1枠2番テイエムスパーダ
4枠7番ウインマーベル
8枠16番コラリン

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円

 

(1着)
4枠7番ウインマーベル
8枠16番コラリン

(2・3着)
7枠13番ブレスレスリー
1枠2番テイエムスパーダ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

〇→◉⇔★各100円×16点=1600円

(計4000円)

 

このレースはとにかく荒れるレースではありますが、3番人気以内馬は必ず毎年1頭圏内を確保しています。

そこで対抗馬は上位人気から2頭選んだ。

まず1頭目はウインマーベル

キャリア数が多過ぎるのがやや懸念材料ではありますがOPクラスで3戦2勝1連対。

今回のメンバーも重賞とは言え、レベル的にはせいぜいOPクラス程度で十分通用するでしょう。

 

対抗馬2頭目はコラリン

カイカノキセキと迷ったが、京王杯2歳ステークスで1番人気になった程の馬。

その時敗れた相手がキングエルメス・トウシンマカオ・ラブリイユアアイズなら、このメンバー相手なら威張れる内容でしょう。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

新馬戦は1800m戦で徐々に距離短縮をして前走は初の1200m戦で逃げ切り勝利。

ただ今回は明らかにハイペース必至なメンバー構成で厳しいという考えもありますが、昨年も同じような状況で4角4番手以内の馬が2頭圏内に入りました。

自分の見解ではとにかく前有利と読んで好枠を引き当てたこの馬の逃げ粘りに賭けてみたい。

 

(D) ケイアイオメガ

2戦目で現時点で1番人気のブレスレスリーを降している。

前走はこのレースと好相性の橘ステークス出走馬で1番人気に推された馬。

前走の敗戦で人気急降下だが、血統的にも父ビッグアーサーで初の1200m戦で変り身があるかもしれない。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。