葵ステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は葵ステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦。

今年はモントライゼ・ヨカヨカの2頭は実績的に頭一つ抜けているような気もするが、このレースはとにかく大穴が毎年のように突っ込んでくるレース。

そこに期待して穴馬は攻めていきたいと思います。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

今年は中京開催となっていますので、中京競馬場改修工事後で1勝クラス以上、今回と同条件に近い開幕7日目以降で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると追い込み脚質は分が悪い。

それ以外の逃げ・先行・差しは大体同じような成績です。

京都開催の葵ステークスでは基本的に先行勢が多く揃っても前有利な傾向がありましたが、今年は中京開催となるので差し馬の比率が多少なりとも上がってくるのではないでしょうか。

ただそれでも追い込み馬はやや評価を下げた方が良いかもしれません。

上り3位以内の成績を見ても他のレースと比べればそれ程優秀な成績でもありません。

除外対象馬を除く今回の登録馬で追い込み脚質の馬となるとアスコルターレ・ファルヴォーレ・ロンギングバース・ロングトレーン辺り。

ここ辺りは穴馬としてもあまり狙いたくはないですね。

ただアスコルターレに限っては3勝挙げている馬で鞍上は松山騎手。

斤量は57キロですが、このレースで57キロを背負った馬は勝率・複勝率ともに過去10年でトップの成績。

追い込み勢で買えるとしたらこの馬くらいだと思います。

まああくまで参考程度のデータなので良かったら覚えておいてください。

 


次は枠順傾向です。

こちらも脚質傾向と同じく中京競馬場改修工事後で1勝クラス以上、今回と同条件に近い開幕7日目以降で調べました。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率・勝率ともに中枠付近に好走馬が多く集まっています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見るとこちらもやはり全体傾向と同じく中枠付近に好走馬が密集しています。

 

上記のデータを考慮して

 

6~13番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

京都開催のデータは使えないので、同コース過去5年の重賞でサンプル数5レース以上の種牡馬複勝率トップ5を挙げました。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ミスプロ系
・サクラバクシンオー
・ディープインパクト

です。

ロードカナロア産駒はかなりの好成績ですが、トップ10で見ても全体的にミスプロ系の活躍が顕著です。

 

今回の該当馬は

 

アスコルターレ
オールアットワンス
テイエムトッキュウ
ファルヴォーレ
フォイアーロート
ヨカヨカ
レイハリア
ロンギングバース

 

以上8頭です。

除外対象馬は入れていません。


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走上り2位以内or4角2番手以内
② 前走重賞組は過去に重賞連対実績あり

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

モントライゼ
ヨカヨカ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走橘ステークスで5着以内or5番人気以内
② 前走橘ステークス以外の芝レースで1着or前走4角3番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カンタベリーマッハ
スンリ
マイネルジェロディ
マリーナ
レイハリア

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

このレースは目黒記念と同じく大荒れ傾向で、過去10年で9回9番人気以下の馬が圏内に来ているレース。

ここは思い切って大穴狙いでも良いレースかもしれません。

そこで大穴候補2頭を挙げます。

(A) ?????

短距離レースと言えば馬格はかなりの重要ファクターでこのレースも例外ではなく、500キロを超す馬の複勝率は過去10年で40%です。

除外対象馬を除く登録馬の中で前走馬体重で唯一500キロに最も近い馬格の持ち主はこの馬だけ。

ちなみに前走はマイナス6キロで馬体重498キロ。

ダート路線で全く芽が出なかったが2走前にようやく勝利して、そこから芝路線に切り替えては初芝でまた勝利。

穴馬消去法でも挙げた馬であり、勢いと芝適正の可能性も考えると面白いかもしれない。

(B) マイネルジェロディ

新馬戦で惜敗した相手は今回ソコソコ人気になるであろうアスコルターレ。

未勝利を勝ち上がった時に負かした馬は忘れな草賞2着のエイシンヒテンとデイリー杯3着のスーパーホープ。

更に鞍上もG1常連騎手。

これで本当に二桁人気くらいになるようなら狙う価値は十分あると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です