葵ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は葵ステークスの枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では6~13番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズを見ると完全な3強オッズとなっています。

よって今回は上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番ヨカヨカですが、枠順傾向の記事では好枠とは言えない配置ですが、今週からBコース替わりで内枠がどこまで伸びるかは現時点ではわからないがそこまでマイナスではないかもしれない。

とりあえず展開云々抜きで言えば好枠でしょう。

 

次に3枠5番モントライゼですが、前走は控える競馬でそれなりの結果を出したことは今回のレースではプラス材料。

鞍上も同じルメール騎手であれば前走同様好位差しくらいでレースを運んでくるはず。

極端に内過ぎず外過ぎず問題ない配置でしょう。

 

最後に3枠6番ダディーズビビッドですが、この馬もモントライゼと同じような脚質でゲートも近い。

鞍上も武騎手となればペース次第で臨機応変に対応してくれそうです。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
3枠5番モントライゼ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
1枠2番ヨカヨカ
3枠6番ダディーズビビッド
6枠11番サルビア
7枠13番アスコルターレ

各100円×24点

(3連単フォーメーション)

(1着)
1枠2番ヨカヨカ
3枠6番ダディーズビビッド
6枠11番サルビア
7枠13番アスコルターレ

(2着)
3枠5番モントライゼ

(3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×12点

(計 3600円)

 

3連単勝負です。

頭で選ぶのは基本的に人気馬。

そして対抗馬も基本的に上位人気に近い馬。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

頭を選ぶ基準は複勝率の高そうな馬ではなく、飛ぶ可能性が高そうでも頭で狙えそうな馬です。

ただこのレースはとにかく荒れるレースで、今回はペースもかなり流れそう。

何度も考えたが今回は頭で狙える確固たる自信のある馬がいない。

ただ2着以内という意味なら展開の影響が最も左右されにくそうで、実績も兼ねそろえているのはモントライゼ。

ヨカヨカは激流に飲み込まれる可能性も十分にあり、ダディーズビビッドは距離短縮はプラスではありそうだが、初距離で重賞好走歴無し。

ここは3着という可能性も十分あるが2着以内狙いでモントライゼ。

 


 

その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

週中予想では後方勢は軽視予定でしたが、出走馬が決まり改めて出走馬を見ると中京コースということも加味すると差し・追い込で決め打ちしたくなった。

更に言うと狙うのは9番人気以下。

過去10年で5番人気位以下の穴馬は10年連続で圏内に入っているが、その内9年間は必ず9番人気以下の馬が圏内に入っている。

それを踏まえて現時点のオッズから判断してこの3頭を狙います。

(C) ?????

1200m重賞の勝ち馬。

前走は久しぶりの1200戦で4着に敗れたが、1着馬のアスコルターレとはコンマ1秒差。

1200m以下のレースでは前走以外は2戦2勝でこの距離をかなり得意としていそう。

(D) ファルヴォーレ

距離経験は1400mと1600m戦のみだが、ベストパフォーマンスは1400m戦で上り最速で2勝挙げている。

前走の重賞も1400m戦で上り最速で6着でモントライゼとはコンマ1秒差の勝負。

今回の距離短縮で更なるパフォーマンスアップを期待したい。

(E) ?????

かなりの大穴だが連対実績が全て1200m戦という極端な成績。

近走先行策から一転して差し・追い込みの競馬を覚えつつある。

今回の展開と葵ステークスの傾向から考えるとこれくらいの穴が突っ込んできても驚けない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です