新着エントリー

菊花賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は菊花賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

3枠5番レッドジェネシス
2枠3番タイトルホルダー

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着) 
3枠5番レッドジェネシス
2枠3番タイトルホルダー

(2着)
3枠5番レッドジェネシス
2枠3番タイトルホルダー
〇7枠14番ステラヴェローチェ
〇8枠18番オーソクレース

(3着)
穴馬(C)(D)
2枠4番ロードトゥフェイム
5枠9番ヴェローチェオロ

◉→◉〇→★各200円×12点=2400円
◉→◉〇→△各100円×12点=1200円

(計3600円)

 

セオリー通り1番人気ステラヴェローチェの1着固定は止めた。

枠順傾向の記事でも書いたが内枠有利と考えていて、今回の枠順を見ると内に先行馬が集まり外枠に差し馬が集まった。

ステラヴェローチェは初の中4週で調教の動きも悪く、枠順も外目と決して良い配置とは言い難い。

オーソクレースに至っては痛恨の大外枠。

内に先行馬が多いことで、この2頭が内に潜り込める可能性は下がり終始外々を回される可能性も高まった。

よって消去法のようだがレッドジェネシスとタイトルホルダーを1着固定とした。

 

ただステラヴェローチェ・オーソクレースの割引材料は大きいが、週中色々考えたが春の実績を考慮するとそれでも夏の上り馬との力量差は大きと考える。

傾向的に見て過去10年で5番人気以下の穴馬が2着以内に入ったのは計7回で連対率70%というデータがあるが、ここは穴馬の3着付けという結論に至った。

 

推奨穴馬(C)(D)の他、△大穴でヴェローチェオロとロードトゥフェイムを押さえる。

まず1頭目ヴェローチェオロは阪神3000mを得意とするステイゴールド系産駒。

そして今回の出走馬でステイゴールド系はこの馬だけ。

母父タイキシャトルという点はステイゴールド系と相反してマイナス材料だが、それでも前走は2200m戦を快勝。

その勝ち方が捲りで上り最速という同コース阪神大賞典の必勝パターンと同じ。

父の血の覚醒に期待します。

 

2頭目はロードトゥフェイムとした。

はっきり言ってこの馬の場合、能力で評価したということではありません。

完全にデータのみです。

過去記事で書いた血統傾向と穴馬消去法でも挙げた馬。

さらに

過去10年の5番人気以下の穴馬限定で調べた極めて好走率が悪い条件は以下の4項目

 

① 前走着差1,2秒以上(0・0・0・20)

② 前走距離2000m以下(1・1・0・30)
好走馬2頭はレインボーラインフィエールマン

③ キャリア6~8戦以外(1・1・1・70)
キャリア6~8戦以外で圏内に入ったのはキャリア3戦のフィエールマン・キャリア12戦のレインボーライン・キャリア10戦のユウキソルジャー。

②③の条件で好走したレインボーラインとフィエールマンは後の天皇賞春勝ち馬。

この2頭を例外と考えれば②③の条件も信頼性は高そう。

④ 前走間隔中3週以下(0・0・0・20)

 

この4つ条件を全てクリアした5番人気以下馬は僅か4頭。

その内の最も人気薄の馬がこのロードトゥフェイム。

配当的にも押さえておきたい。

 

ちなみに4つの条件をクリアした馬はロードトゥフェイム・推奨穴馬(C)(D)馬・ヴィクティファルスです。

ヴィクティファルスだけ回収率の関係上買い目点数を増やせず馬券から外しました。

一撃回収を狙わないのであればこの馬も押さえましたが、大外枠という理由で消しです。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) アサマノイタズラ

前走は嵌った感たっぷりだが、今回上位人気のオーソクレースや出走見送りとなったが出走していれば人気になったであろうソーヴァリアントを撃破。

そして阪神大賞典で好走傾向にある父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系。

母父キングヘイローは今年の阪神大賞典を圧勝したディープボンドと同じ。

心配なのは今回も前走と同じく内枠ということ。

前走は上手く外に持ち出して差し切ったが、今回は18頭立てなので前走のように外に回して上手くいくかどうか。

そこは前走テン乗りで好走した田辺騎手に期待するしかない。

(D) ?????

2走前から一気の馬体重増。

その2戦は先行策で且つ速い上りも出して2連勝。

G1常連の鞍上も前走からの継続騎乗と心強い。

距離経験も十分積んでおり性別だけで軽視すると痛い目に合いそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です