新着エントリー

紫苑ステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

重賞に昇格してから今年で7年目。

今年はオークス1番人気馬サークルオブライフ、オークス2着馬スタニングローズが参戦でこの2頭の壁は厚そう。

ただそれ以外では信頼出来そうな馬も少ないので、穴馬の付け入る隙も十分あるのではないか。

秋競馬一発目の重賞なので、気持ち良くスタートダッシュを決めたいですね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が重賞に昇格後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると圏内馬の殆どが先行or差し馬。

逆にそれ以上に注目すべき点は追い込み馬が壊滅状態であるということです。

そこで今回はどの馬が有利かではなくて、どの馬が不利かに注目してみました。

調べてみると前走脚質からある程度不利な条件がありました。

それは…

 

① 当日4番人気以下の前走追い込み・捲り馬

 

該当した馬の成績は(0・0・0・18)です。

今回想定4番人気以下でこの条件に該当する馬は

 

エコルフリューゲル
エバーハンティング
シーグラス

 

以上3頭です。

穴を狙うにしてもこの3頭は避けたいですね。

あとライラックですが、この馬は当日3番人気になりますかね?

この馬が4番人気以下になるようならこの馬も対象馬となります。

 


枠順傾向データ 」

以下が重賞に昇格後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると内も外も好走馬が出ています。

ただ勝馬6頭は全て10番ゲート以降から出ていて、複勝率で見ても外枠の好走率が高そう。

開幕週の割に外枠が不利というデータはありません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると12番ゲート以降からは好走馬は僅か1頭。

全体傾向も踏まえて考えると、基本的には外枠から圏内に持ってこれる馬は能力のある馬ということになります。

ただ今年の登録馬は13頭で、あまり枠順の有利不利は考えなくても良いかもしれません。

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ルーラーシップ
・キズナ
・ハービンジャー

又は

母父に

・ノーザンダンサー系

又は

母父or母母父に

・シアトルスルー系

です。

ディープインパクト産駒も3頭圏内に絡んでいますが、今年の2歳のディープインパクト産駒は調べた限りでは2頭しかいません。

よって今回は登録馬もいませんし、傾向からは外しました。

あと上記の表からは判断できませんが、母方にシアトルスルー系の活躍馬が多く出ています。

ただ今年は該当馬無しです。

今回の該当馬は

 

エコルフリューゲル
エバーハンティング
カヨウネンカ
サウンドビバーチェ
スタニングローズ

 

以上5頭です。

 


消去法データ 」

消去法は重賞に昇格後の過去6年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走オークスで5着以内 or 4番人気以内
② 前走重賞で3着以内
 前走1着

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

サークルオブライフ
スタニングローズ

 

以上2頭です。

無難にこの2頭が残りました。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走距離1800m以上
② 近2走以内にオークス出走経験あり
③ 前走1勝クラス以上で1着
④ 前走重賞で1番人気 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

コルベイユ
シーグラス
ニシノラブウインク
ロジレット

 

以上4頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は重賞に昇格後の過去6年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は8,9%です。

 

・キャリア10戦以上(0・0・0・8)複勝率0%
・前走間隔4週以内(0・0・0・14)複勝率0%
・前走と同斤量(0・0・0・19)複勝率0%
・前走脚質逃げ・追い込み馬(0・0・0・21)複勝率0%
・前走距離1700m以下(0・0・0・11)複勝率0%
・前走未勝利クラス(0・0・0・5)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

サンカルパ
ロジレット

 

以上2頭です。

結構残った馬が少なかったです。

特にロジレットは人気も無さそうなので、大穴狙いで面白いかも。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

3走前にはオークス6着馬ルージュエヴァイユとタイム差無しの2着。

近3走は非常に走りも安定している。

鞍上も前走から大幅強化となればチャンス十分。

上位人気に推されないようであれば狙ってみたい。

まあ人気次第ですね。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。