紫苑ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は紫苑ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

現時点のオッズは大混戦で4番人気はエイシンチラーとスルーセブンシーズが争う形。

今回は上位人気5頭の配置を見ていきたいと思います。

 

まずは2枠4番エクランドール1枠1番スルーセブンシーズすが、重賞に格上げされてから勝ち馬がいない内枠に入った。

傾向から言うとマイナス材料ですね。

 

次に6枠11番ファインルージュですが、脚質的にも枠順的にも文句ない配置でしょう。

ただあまり後ろからの競馬はしないで欲しい。

 

次に5枠10番エイシンチラーですが、距離不安がある馬だけにもう少し距離ロスの無い内寄りが良かったと思う。

 

最後に4枠8番メイサウザンアワーですが、先行馬なので外過ぎず内過ぎずの問題ない配置だと思います。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気の上位人気馬から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

そして今回は馬単で勝負したいと思います。

近5年で5番人気以下が2着以内に来た年は3回。

上位人気馬も堅軸と呼べるほどでもないので、穴馬の連対も十分あると考えています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

2枠4番エクランドール
6枠11番ファインルージュ
4枠8番メイサウザンアワー

 

統計的に1~4番人気の馬が1着になる確率は大体75%。

そうなると頭固定は当然人気馬からで、穴馬が来た時になるべく取りこぼしがないように上位人気馬から消すのは1頭のみ。

ただ本音は1~4番人気馬はどれもこれも信頼できないのですが、ここはスタイルを崩さずいきます。

今回は上位5頭が大混戦なので消し馬は2頭。

 

1頭目の消し馬はエイシンチラー。

当初穴馬候補で距離は怪しくても穴馬ならと思っていたがここまで人気になるようなら妙味無し。

父リアルインパクト産駒を調べてみると1900m以上の産駒戦績は46戦0圏内…これで上位人気では…

 

2頭目の消し馬はスルーセブンシーズ。

この馬も穴馬候補3頭目くらいに考えていた馬だが、出遅れ癖があり18頭立ての最内枠の差し・追い込み馬。

頭で狙うには厳しすぎる。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(馬単)

(1着)
2枠4番エクランドール
6枠11番ファインルージュ
4枠8番メイサウザンアワー

 (2着)
穴馬(C)(D)

各600円×6点=3600円

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) スライリー

とにかくオークス出走経験馬が強いレースで、現在4年連続でオークス2桁着順の馬が穴をあけている。

ピンかパーというタイプですが、スンナリ先行さえできれば2走前のようにオークス馬に先着できる能力を持つ。

(D) ?????

前走は嵌った好走かもしれないが、それにしても舐められすぎ。

仮にもクラシック好走馬がここまで低評価なら黙って買いでしょう。

ちなみにオークス5着以内馬は過去5年で4回圏内に入っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です