新着エントリー

福島記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は福島記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は馬単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

1枠2番ココロノトウダイ
2枠4番ヴァンケドミンゴ

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(馬単)

(1着)
1枠2番ココロノトウダイ
2枠4番ヴァンケドミンゴ

(2着)
穴馬(C)(D)
3枠5番ディアンドル
4枠8番パンサラッサ

◉→★各700円×4点=2800円
◉→△各200円×4点=800円

(計3600円)

 

セオリー通り1番人気アラタは消した。

予想の根拠はとにかく内枠有利。

このレースの勝ち馬は2011年を除く過去9年で1着になった馬は全て10番ゲート以内なのだが、更に言うと9勝中6勝が1~3番ゲート内という明らかに内枠有利なレース。

そういう理由で1着固定馬1頭目はココロノトウダイとした。

上位人気馬でこの3番ゲート内に入ったココロノトウダイはまず真っ先に選ぶ馬でしょう。

今回は前に行きたい馬が多く、基本先行タイプのこの馬にはどうかとは思うが、2走前の中山金杯では控えて結果を出しているので問題ないでしょう。

 

次いで1着固定馬2頭目も上記で書いた理由ではヴァンケドミンゴとした。

ステイフーリッシュと迷ったが、この馬はとにかく勝ちきれなく、最後に勝ったのは24戦前。

それならば福島巧者で内枠に入ったこの馬を選びたい。

 

推奨穴馬(C)(D)の他、押さえでパンサラッサとディアンドルを押さえる。

展開的には逃げ候補2頭で正直かなり厳しいが、過去9年で5番人気以下の穴馬が来たのは全て9番ゲート以内

ここは盲目的に傾向に沿ってみる。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ブラヴァス

枠順も文句なし。

展開的にはハイペースが予想され、脚質的にもチョイ差しタイプのこの馬はいかにもマッチしそう。

近走は低迷しているが、ローカル重賞なら好走の余地は十分。

(D) ?????

前走から比べると鞍上弱化は否めないが、芝に転向してからの勢いは未だに底を見せていない。

(C)馬と同じく脚質・展開共に嵌りそうな予感はする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です