新着エントリー

福島牝馬ステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは福島競馬場で行われる芝1800m戦。

昨年は新潟開催でしたが、今年は例年通り福島開催となっています。

このレースは荒れる時は二桁人気馬がバンバン穴をあけ、堅いときはとにかく堅く、極端な傾向があります。

今年はどちらのパターンになるかはわかりませんが、やはり穴馬を狙うしかないでしょう。

そして要らないと思える二桁人気馬でも積極的に取り入れて行くのも一つの手かもしれません。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が昨年の新潟開催を除く過去9年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・先行・捲りの複勝率が高い。

しかしながら後方勢も健闘しています。

 

まず逃げ・先行・捲りで圏内に入った馬は15頭いますが、その内11頭に共通する点は…

 

① 初角or4角4番手以内

 

たったこれだけの条件ですが、これ以外で特徴と言えるものは見つかりませんでした。

前走大敗馬でも激走してしまうレースなので判断材料は前走の位置取りくらいですね。

この条件に該当する馬は

 

エヴァーガーデン
キタイ
シャーレイポピー
ホウオウエミーズ
ロザムール

 

以上5頭です。

 

次に差し・追い込みで圏内に入った12頭いますが、その内10頭に共通す点は…

 

① 前走中山牝馬ステークスで8着以内
② 初角or4角6番手以下で上り6位以内

 

とにかく後方勢に関しては前走中山牝馬ステークス組が圧倒的です。

この条件に該当する馬は

 

クリノプレミアム
スライリー
ルビーカサブランカ

 

以上3頭です。

さらに絞るなら圏内に入った10頭中9頭は当日4番人気以内でした。

想定オッズから判断するとルビーカサブランカが最有力ですね。

 


枠順傾向データ 」

こちらも昨年の新潟開催を除く過去9年分の傾向を調べました。

以下がその枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では1~4番ゲートの内枠がやや不振傾向にあり、外枠はソコソコ走っています。

中でも中枠付近は好走馬が多く集まっていますね。

また勝ち馬9頭中7頭が5~8番ゲートに集中しているのも見逃せません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向と同じく4番ゲート以内が不振。

穴馬を狙うなら5番ゲート以降からか?

 

上記のデータを考慮して

 

1~4番ゲート不利

 

と判断します。

特に5~10番ゲートに入った馬は要注意だと思います。

 


血統傾向データ 」

昨年は新潟開催だったので、2016~2020年の福島開催の傾向を調べました。

その傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に
・メイショウサムソン
・ディープインパクト

又は

母父に

・ノーザンダンサー系

又は

母父or母母父or父母父に

・グレイソブリン系

です。

特に目立つのはメイショウサムソン産駒ですが、今年は登録馬がいません。

今回の該当馬は

 

アブレイズ
クリノプレミアム
サトノダムゼル
サンクテュエール
シャーレイポピー
ジュランビル
ハギノリュクス
フェアリーポルカ
ロザムール

 

以上9頭です。

また母父ノーザンダンサー系も好走頭数は多いですが、今年は該当馬がクリノプレミアム・ジュランビル・ロザムールの3頭だけです。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走中山牝馬ステークス出走馬

 

昨年は新潟開催でしたが傾向は大きく変わってないのでそのままデータとして取り入れました。

非常にシンプルな条件ですが、とにかく前走中山牝馬ステークス組は外せません。

この条件で2016年以外は毎年好走馬が出ています。

2015年のスイートサルサは出走取り消しとなっていますが、一応前走中山牝馬ステークス組として扱っています。

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アブレイズ
ルビーカサブランカ

 

以上2頭です。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 6歳以下
② 前走距離1600m以上
③ 前走4角4番手以内 

 

脚質傾向で挙げた条件とほぼ同じですが、これに年齢と距離の条件を付け加えました。

穴馬が来た年は計7年ありますが、この条件で6年好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エヴァーガーデン
ホウオウエミーズ
ロザムール

 

以上3頭です。

穴馬に関しては前走着順は無視して良いと思います。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は11,1%です。

 

・7歳以上(0・0・0・5)複勝率0%
・前走4番人気以内(0・1・0・15)複勝率6,2%
・前走捲り・追い込み馬(0・0・1・28)複勝率3,4%
・前走距離1400m以下(0・0・0・0)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

クリノプレミアム
ジュランビル
フェアリーポルカ
ムジカ
ロザムール

 

以上5頭です。

何故か前走人気だった馬の好走率が非常に悪いです。

だからこそ大荒れするレースなんでしょう。

最後にデスデータてはないですが、非常に好走率が高い条件があります。

5番人気以下馬で前走馬体重500キロを超える馬は7頭中4圏内複勝率57,1%というデータです。

しかも500キロを超える大型馬の出走は過去10年で5番人気以下の馬だけ。

今回これに該当する馬はアナザーリリック・キタイ・シンハリング・フェアリーポルカの4頭。

アナザーリリックは上位人気馬、キタイはさすがに距離的にも能力的にも厳しそう。

大型馬の穴馬としてはシンハリングとフェアリーポルカは面白いかもしれません。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

鞍上は重賞だと要らないとかよく言われるが、リーディング上位騎手がいないようなローカル戦ならある程度信頼できる。

近走はハンデ戦ばかりで重い斤量を背負っているが、今回は久しぶりの別定戦。

実績的にもこのメンバーでこの斤量なら頭まで狙えるのではないか?

あとは馬格のある馬が好走しやすいというのも押し材料の一つです。

 

(B) クリノプレミアム

今更この馬を買っても旨味は無いというのは重々承知ですが、ハンデ戦とは言え3走前は京都金杯5着、そして前走はこのレースと抜群に相性が良い京都金杯1着で徐々にクラス慣れしてきた印象はある。

他の馬にこれだと言える馬も少ないので、人気次第ですが現時点では候補に挙げておきます。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。