新着エントリー

目黒記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

今回は残念ながら全馬共通事項で消去していっても、絞り切ることはかなり難しかった。

この原因はやはり人気薄の馬の多くが1着になってるからです。

ちなみに過去10年中1着馬の半数の5頭が8番人気以下。

 

そこで今回は前回記事で書いた脚質傾向を使うことにしました。

 

このレースは後方勢で8勝、上り3位以内で8勝。

差し・追い込み馬 又は 上り3位以内で勝った馬は2012年のスマートロビン以外の計9頭で9年連続1着となっています。

全馬共通とまではいきませんが、その9頭の共通点は以下の4パターンのどれかになります。

 

① 近2走中4角3番手以内で上り3位以内 且つ 1着の経験あり
② 近2走中2500m以上の重賞で上り2位以内
③ 2戦連続上り最速で1着
④ 近5走以内でG1で上り2位以内 

 

この4つの条件は前回記事の脚質傾向で挙げた条件。

該当する馬はアサマノイタズラ・パラダイスリーフ・ボッケリー二・マカオンドール・ランフォザローゼスの5頭。

そしてここから2頭にまで絞り込みます。

ここで上記の過去10年の1着馬全馬共通事項から

 前走一桁人気
⑥ 1~7枠

 

更に過去10年の1着馬全てに共通する項目があって

⑦ 過去に距離2400m以上で3着以内あり

 

これでボッケリー二・マカオンドールの2頭に絞れました。

よって今回はボッケリー二とマカオンドールを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)

(1着)
1枠2番ボッケリーニ
7枠13番マカオンドール

(2・3着)
7枠15番アリストテレス
4枠8番マイネルウィルトス

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円

 

(1着)
7枠15番アリストテレス
4枠8番マイネルウィルトス

(2・3着)
1枠2番ボッケリーニ
7枠13番マカオンドール

(2・3着)
穴馬(C)(D)

〇→◉⇔★各100円×16点=1600円

(計4000円)

 

このレースの穴馬候補は週中に挙げたウインキートス・パラダイスリーフと抽選だったので挙げなかったがフライングバードの計3頭だった。

ところが枠順を見たらビックリ!!

綺麗に並んで16・17・18番ゲート(-_-;)

東京芝2500mの重賞は今回の目黒記念とアルゼンチン共和国杯の2レースだけだが、その2レースの過去10年(計20レース)の5番人気以下馬の馬番成績は以下の通り。

 

 

15番ゲート以降は(0・0・0・36)複勝率0%です。

ということで今回は泣く泣くウインキートス・パラダイスリーフフライングバードはバッサリ切り捨てることにした。

ただパラダイスリーフは現在3番人気ですが、重賞実績なしの昇級初戦馬が8枠でこの人気では全く旨味無しです。

 

ここで話は変わってこのレースは5年連続5番人気以下馬が2頭圏内に入っていて、過去10年で見ても7回5番人気以下馬が2頭圏に入っている。

また穴馬が来た年は9年ありますがその内5年で二桁人気馬が絡んでいる。

傾向としては4番人気以内馬1頭ー5番人気以下馬2頭という組み合わせが最も多い。

よって馬券の組み立ては、上記のように基本的に上位人気馬1頭と穴馬2頭の組み合わせ。

軸馬2頭が上位人気馬のボッケリーニとマカオンドール(総合オッズではアリストテレスより上位人気で実質4番人気)なので対抗馬はソコソコ人気の穴馬を選んだ。

 

1頭目はマイネルウィルトス

距離が長いと思われた3走前の同コース重賞アルゼンチン共和国杯で2着に健闘。

敗れた相手がオーソリティということを考えるとここでも十分やれていいはず。

 

2頭目はアリストテレス

7枠15番という微妙な枠順だがギリギリ7枠。

早熟説があるエピファネイア産駒で自分も疑ってはいるが、前走は有馬記念で6着。

またG2戦に限れば(1・1・0・1)で実績と人気を考慮すると今回は押さえておきたい。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

上記のように狙っていた馬が8枠に入ってしまったので今回は穴馬候補4・5番手だったこの2頭を挙げることにしました。

(C) ?????

とにかく上り勝負の馬。

近走低迷が続いていたが前走は上り最速で久しぶりの勝利。

展開待ちの馬ではあるが、昨年のアルゼンチン共和国杯では5着に健闘している。

前回記事で書いた血統・脚質・穴馬消去法推奨馬でもあるので狙ってみることにした。

 

(D) ベスビアナイト

4歳になってから2400m以上の距離で圏外無し。

上りの脚もあり9戦連続3位以内。

まだ半信半疑の鞍上だが今年になってから覚醒した感がある。

枠順も良いところを引いたので人気的にも面白いかもしれない。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。