目黒記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は目黒記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

想定オッズではサンアップルトンが2番人気、サトノルークスが4番人気となっていますが、当ブログでは近走の勢いや鞍上を考えるとヒートオンビートとアドマイヤポラリスが4番人気以内サンアップルトンとサトノルークスは5番人気以下として考えています。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝2500m戦。

毎年難解を極めるハンデ重賞です。

過去10年で7番人気以下が5勝も挙げているレースなので、1番人気想定のルメール騎手鞍上のグロンディオーズといえど堅軸ではないでしょう。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると差し・追い込み馬で8勝を挙げていて、後方勢が有利なレースと言えそうです。

まずここに注目してみるとその8勝中6勝した馬は

 

前走OPクラス以上のハンデ戦 or G1出走馬
前走4角8番手以下

 

何故か前走ハンデ戦の馬が多く好走しています。

ちなみに過去10年で9頭の勝ち馬が前走ハンデ戦でした。

今回この条件に該当する馬はナムラドノヴァン・ミスマンマミーア・ムイトオブリガードの3頭です。

 

今度は逆に複勝率の高い馬の条件を見つけました。

 

前走OPクラス以上で2着以内 且つ 上り3位以内
前走4角7番手内

 

過去10年で対象馬が12頭いて成績は(1・1・4・6)で勝率は高くないものの複勝率は50%です。

今回の該当馬はグロンディオーズ・ヒートオンビートの2頭です。

 

頭で狙うならナムラドノヴァン・ミスマンマミーア・ムイトオブリガード。

複勝系の軸にすならグロンディオーズ・ヒートオンビート。

この5頭は脚質傾向的には注目しています。

難解なレースということを考えると頭狙いより圏内を狙いやすいグロンディオーズやヒートオンビートから入るのがベターかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると複勝率が平均して20%を超えているのは14番ゲートまで。

それ以降は複勝率が落ちています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると15番ゲート以降からは圏内馬無し。

明らかに外枠が不利という傾向が出ています。

 

上記のデータを考慮して

 

15番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ステイゴールド
・ディープインパクト
・キングカメハメハ

又は

父or母父に

・グレイソブリン系

です。

父or母父にグレイソブリン系という血統は好走率が非常に高いのですが、今年は残念ながら対象馬無しです。

 

今回の該当馬は

 

アイスバブル
サトノルークス
ダンスディライト
ヒートオンビート

 

以上4頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬・セン馬
② 斤量54キロ以上

③ 前走OPクラス以下出走馬は2着以内 且つ 2番人気以内
④ 前走重賞クラス出走馬は4番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

冒頭でも書きましたが、当ブログではヒートオンビートとアドマイヤポラリスが4番人気以内サンアップルトンとサトノルークスは5番人気以下として考えています。

それを踏まえて今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤポラリス
ヒートオンビート

 

以上2頭です。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬・セン馬
② 斤量54キロ以上
③ 前走距離2000m以上
④ 前走G1出走馬
⑤ 前走G1出走馬以外は4着以内or3番人気以内 且つ 上り4位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

こちらも同じくヒートオンビートとアドマイヤポラリスが4番人気以内サンアップルトンとサトノルークスは5番人気以下として考えています。

それを踏まえて今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ゴールドギア
サンアップルトン
ディアマンミノル
ナムラドノヴァン

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

このレースは過去10年で9回5番人気以下の穴馬が圏内に来ていますが、正確に言うと7番人気以下の馬が過去10年で9回圏内に来ています。

まだ悩み中ですが、今回は7番人気以下になるであろう馬から穴馬をピックアップしたいと思います。

 

(A) ダンスディライト

前走は離されたとはいえG2で5着という成績。

2走前はG1常連組相手に善戦。

3走前は今回人気になるであろうヒートオンビートに勝利。

しかもその時はこの馬の方が斤量が2キロ重く、今回は同斤量で戦える。

想定オッズほど実力差はないと思います。

(B) ?????

振り返ってみると近3走でこの馬を2回も穴馬推奨していて、3度目の正直に期待したい。

脚質傾向でも書いたが1発の可能性は秘めている。

前走は明らかな距離不足のレースでありながら上り最速を叩き出した。

まあ最後方から追い出せば上りが出るのは当然と言えば当然なのだが、長期休養から3戦して明らかに調子は上向いている。

今回はベストコースと言ってよい東京芝2500m戦。

G2で3戦して1着・5着・1着という成績。

斤量は57キロでやや酷な気もするが、過去には同斤量でジャパンカップや大阪杯でそれなりに健闘しているのであまり気にしすぎることもないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です