皐月賞2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回は皐月賞2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よかったらアーリントンカップ2021の記事も書いているのでご覧ください。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

昨年はコントレイルVSサリオスのような2強と言えるようなメンバーではなく、今年はどの馬にもチャンスがありそう。

馬券的には今年の方が面白い。

注目度の高いG1レースなのでビシッと当てたいですね。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では先行馬、勝ち馬では断然差し馬です。

あまり極端な脚質の馬は避けるべきでしょう。

 

まず差し競馬で勝った5頭に注目してみるとその内4頭は

 

前走上り1位 且つ 重賞で2着以内

 

ちなみに差し競馬で圏内に入った10頭でこの条件を照らし合わせても8頭が該当します。

この条件で該当する馬はグラティアス・ヨーホーレイク・ヴィクティファルスの3頭です。

 

次に複勝率の高い先行馬で圏内に入った7頭に注目してみるとその内6頭は

 

前走初角2~5番手以内で4角5番手以内 且つ 前走OPクラス以上で3着以内

 

この条件で該当する馬はアドマイヤハダル・エフフォーリア・グラティアス・ダノンザキッド・ラーゴムの5頭です。

*回避予定馬は対象に入れてません。

 

気になるのはここで一度も名前が挙がらなかったディープモンスター。

勢いに乗ったディープ産駒は買い!という考えで個人的には結構推したい馬なのですが、兄弟を見ると全妹は園田競馬場で1勝して引退、全弟は11戦してようやく1勝クラスを勝ち上がったばかり。

もしかしたら危険な人気馬なのかも…

 


次は枠順傾向です。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると中枠~外枠にかけて好走馬が多く集まっています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると傾向がよりはっきりしていて完全に内枠不利と言える内容です。

穴馬は全て7番ゲート以降からです。

 

上記のデータを考慮して

 

1~6番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ系

又は

母方に

・ダンチヒ内包馬

です。

ディープ産駒はもちろんとして、キングカメハメハ系は出走頭数の割には活躍しています。

あと上記の表では詳しく載っていませんが、ダンチヒ内包馬は近3年で言えばサリオス・ヴェロックス・ジェネラーレウーノが該当しています。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤハダル
グラティアス
シュヴァリエローズ
タイトルホルダー
ダノンザキッド
ディープモンスター
ヨーホーレイク
ラーゴム
ルーパステソーロ
レッドベルオーブ

 

以上10頭です。

ここにエピファネイア産駒のエフフォーリアの名前がありませんがあくまで過去データなので。

個人的にはエピファネイア産駒は今後ディープ産駒に替わり勢力図を塗り替える予感がしますね。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2011年の東京開催を除く過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3着以内
② 前走3番人気以内
 前走上り3位以内
④ 前走距離1600~2000m

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

グラティアス
ダノンザキッド
ヴィクティファルス

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走重賞出走馬
② 前走4着以内
③ 前走上り1位 又は 前走初角2番手以内 且つ4角2番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で5回。

そしてその5回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は4回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイトルホルダー
ヨーホーレイク

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

個人的な見解ではこの馬の血統はクラシックでは通用しない(兄弟はソコソコの活躍馬ばかり)と思う。

しかし脚質傾向・血統傾向・穴馬消去法の全てで名前が挙がった馬なので評価します。

出遅れが気になりますが、4戦連続上り最速というのは大きな武器だと思います。

(B)

姉にレシステンシアを持つ良血馬。

姉はダイワメジャー産駒だが、この馬の父はハーツクライ。

2000mで2戦2勝で上りも2戦連続最速。

前走は同コース勝利というのも強みで、まだ底が見ていないという点でも魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です