毎日王冠2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は毎日王冠2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

今年はシュネルマイスターとダノンキングリーの2強対決。

続く3.4番人気想定はヴァンドギャルドとポタジェだが、上記2頭と比べると力量差はかなりありそう。

3番人気以降は決定的な力差はないように思えるので、高配当を狙うなら穴馬3着付けの3連単か?

それとも2強に割ってくる馬がいると信じて馬単か?

週末まで悩みそうです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るとまず注目は勝率・複勝率共にトップの逃げ馬。

今回の登録馬を見ると逃げそうなのはトーラスジェミニかダイワキャグニーのどちらか。

昨年はトーラスジェミニがコントラチェックと共に飛ばしまくる暴走気味の展開だったが、ダイワキャグニーの場合は何が何でも逃げなくてはならないという馬でもなく、スンナリとトーラスジェミニが先手を取れるようなら穴馬としては考えておきたい。

 

次に全体の6割を占める後方勢にも注目。

そこで焦点を当てるとすれば複勝率が70%近くある上り1位馬。

圏内に入った馬は9頭いますがその内8頭が前走東京コースのダービー・安田記念・エプソムカップ。

それが以下の表です。

 

 

今回の登録馬で前走東京コースを走った馬は安田記念のケイデンスコール・シュネルマイスター・ダイワキャグニー・ダノンキングリーの4頭。

9頭中8頭が東京コースなのでこの4頭は上がり最速最有力候補。

ただダイワキャグニーは逃げ候補の1頭であり、この馬の上がり最速はまずないだろう。

そしてケイデンスコールは前走着順・上がり共にシュネルマイスター・ダノンキングリーに遥かに及ばない。

ここは順当に前走東京組で上がり最速候補選ぶならシュネルマイスター・ダノンキングリーでよいでしょう。

ガチガチの2頭ですが、脚質的に軸候補で選ぶならこの2択か。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると中枠付近に勝ち馬が集まっているものの、複勝率では13番ゲート以内までは特に大きな差は見られない。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると先ほどと同じように12番ゲート以内で考えれば内外の差はありません。

ただ今回の登録馬は13頭であまり意味はないかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト

又は

父方に

・トニービン内包種牡馬

です。

近年はディープインパクト産駒の好走は少なめですが、過去5年で見ればやはり総数はディープインパクト産駒が断然。

今年は上位人気馬にディープ産駒が多くチャンスはありそう。

また昨年はハーツクライ・ジャングルポケットというトニービン内包種牡馬が2頭も圏内に入った。

3年前にもトニービン持ちのルーラシップ産駒が好走しているので注目です。

 

今回の該当馬は

 

カデナ
サンレイポケット
ダノンキングリー
ポタジェ
ヴァンドギャルド
ヴェロックス

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走G1で4着以内 or エプソムカップ1着馬
② 前走G1出走組は過去に国内G1で5着以内経験あり

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ダノンキングリー
シュネルマイスター

 

以上2頭です。

ヴァンドギャルドは前走海外G1で2着の馬である。

ただ過去10年で4番人気以内で圏内に入った前走G1出走馬11頭全ては、過去に国内G1で5着以内の経験があります。

ヴァンドギャルドにはそれがなく、国内ではとてもG1レベルと言える馬ではないですね。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走牝馬限定戦以外の重賞クラス以上出走馬
② 前走距離1600~2200m
③ 前走G1出走馬は上り3位以内
④ 前走G2・G3出走馬は6着以内 且つ 上り5位以内or4角3番手以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カデナ
サンレイポケット
マイネルファンロン

 

以上3頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

血統傾向で推したトニービン内包種牡馬で穴馬消去法でも残った馬である。

開幕週というのは微妙だがワンターン競馬がベストコースで、2走前はそのワンターン競馬でポタジェやトーセンスーリヤを降して勝利。

同レースでも実績はあり決して想定オッズのような低評価の馬ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です