新着エントリー

武蔵野ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は武蔵野ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

このレースは現在7年連続で5番人気以下馬が2着以内に来ている。

更に言うと近5年中で5番人気以下の馬が3勝しています。

しかも今回は大混戦のオッズとなっています。

通常なら軸又は1着固定馬は人気馬からと決めていますが、今回は特に定めず狙っていきます。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

8枠16番ソリストサンダー

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としていますが、今回は4000円となります。

(3連単)

(1着) 
8枠16番ソリストサンダー

(2・3着)
推奨穴馬(C)(D)

(2・3着)
3枠6番スリーグランド
2枠4番テイエムサウスダン
△3枠5番ヒロシゲゴールド
△2枠3番ワンダーリーデル
△1枠1番タガノビューティー

◉→★⇔△各100円×20点=2000円

(1着) 
推奨穴馬(C)(D)

(2・3着)
8枠16番ソリストサンダー

(2・3着)
3枠6番スリーグランド
2枠4番テイエムサウスダン
3枠5番ヒロシゲゴールド
2枠3番ワンダーリーデル
1枠1番タガノビューティー

◉→★⇔△各100円×20点=2000円

(計4000円)

 

このレースでG1常連と言える騎手は戸崎騎手くらいでソリストサンダーも実績では1・2を争う。

当然1番人気になると思いきや、東京芝1600mで最内枠入ったタガノビューティーがまさかの1番人気。

9戦連続上り3位以内という脚はこのレースの脚質傾向とはピッタリ。

当初タガノビューティーを軸馬と決めていたが、最内枠の上に1番人気となると軸にするにはリスクの方が高い気がする。

それならば鞍上戸崎騎手で南部杯3着のソリストサンダーを狙わない手はないだろうと判断した。

 

△に指名した馬の内ワンダーリーデルタガノビューティーは人気馬であるので説明は不要でしょう。

残る3頭のスリーグランド・テイエムサウスダン・ヒロシゲゴールドは全て距離不安のある馬。

ただあまり経験がないだけで走ってみないと分からない未知な部分が多い。

今回は芝実績馬が数頭参戦するお陰でこの3頭はやや軽視されそう。

前走着順も悪くはなく好調であるので買い目に入れて損はないと思う。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

上り勝負の傾向が極めて高いこのレースでこの馬の脚は魅力的。

近5走中4回が上がり2位以内。

後方一気もできるし、近2走のように捲る競馬もできて自在性もある。

前走は2着だったがその時の3・4着馬はみやこステークス2着のロードブレスとシリウスステークス2着馬のウェスタールンド。

能力的には十分やれるはず。

(D) ブルベアイリーデ

近走は走りが安定していて、今回1番人気のタガノビューティーとは4走前にコンマ1秒差、3走前もコンマ1秒差と共に敗れてはいるが差のない競馬をしている。

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法の記事で推奨した馬でもあり、鞍上が今までと変わるのが不安ではあるが馬自体の能力は高いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です