新着エントリー

桜花賞2022予想 枠順確定後の最終結論 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負で、1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走チューリップ賞組とG1出走馬は前走4着以内 且つ 5番人気以内
② その他路線組は2着以内且つ3番人気馬

③ キャリア6戦以内
④ 前走馬体重460キロ以上
⑤ 当日8番人気以内

共通事項を挙げるとすればこんなところですね。

そしてこの条件を通過した馬はナムラクレアとスターズオンアースとプレサージュリフトとサークルオブライフの4頭。

 

ここでナミュールが脱落してしまいました。

ナミュールの前走馬体重は430キロで過去10年の勝ち馬から比べてもかなり小柄。

このデータに加え大外枠の18番ゲートで出遅れ癖もある。

圏内なら外さないと思うが、頭は堅いとは言い切れない。

 

話を元に戻して残ったナムラクレアとスターズオンアースとプレサージュリフトとサークルオブライフだが、この中でとりあえず1頭は消したい。

そして消すならナムラクレア。

1600mという距離がベストとは思えないし、内で詰まるリスクも高そう。

 

よってスターズオンアース・プレサージュリフト・サークルオブライフを1着固定馬とします。

 

ただ頭固定でもう1頭追加したい馬がいる。

それはウォーターナビレラ。

当初決め手に欠けるので絶対に頭はないと思っていた馬だが、今回の上位人気4頭の内3頭が14番ゲート以降。

過去10年で14番ゲート以降から勝った馬は2014年のハープスターだけで、上位人気4頭の中でまともな枠を引けたのはこのウォーターナビレラだけ。

パンチ不足は否めないが、他の有力馬が明らかに不利な配置なだけに相対的な評価としてこのウォーターナビレラを1着固定馬4頭目とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としていますが、今回は4400円勝負とします。

(3連単)

(1着) 
7枠14番プレサージュリフト
8枠16番サークルオブライフ
3枠6番ウォーターナビレラ
4枠8番スターズオンアース

(2・3着)
8枠18番ナミュール

(2・3着)
4枠8番スターズオンアース
穴馬(C)(D)

◉☆→〇⇔★☆各200円×22点=4400円

(計4400円)

 

1着固定馬を4頭に広げたので、対抗馬はナミュール1頭のみとした。

こうなるともはやこの馬が軸馬ということになってしまうが(;^_^A

基本的な能力はやはり1枚抜けていると思うし、多少の不利があっても圏内は外さないと思っている。

この馬の2・3着付けなら配当も十分あるので惜しくも届かずというパターンに期待する。

 

そしてスターズオンアースだが元々この馬は週中推奨穴馬だったので、1着馬固定馬としているが穴馬としても挙げておく。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

実績を挙げても何故か人気にならないが、新馬→OP→G2→G1というステップで一度も馬券から外れてない。

心配なのはデビューから20キロ減った馬体だが調教後馬体重を見ると心配は無さそう。

休養明けなので単に馬体が戻っているだけでは不安だが、厩舎コメントを見ても動きは問題なさそう。

この馬はあまり舐めない方が良いかもしれない。

 

(D) ナムラクレア

週中候補馬として配当的には面白いということでピンハイを挙げていたが、このレースは極端な人気薄の馬はあまり来ないんですよね。

ひと昔前はバンバン二桁人気馬が来るレースでしたが、近10年を見ても10番人気以下からの好走は1頭だけ。

点数の都合上ピンハイにまで手が回らなかったのでこの馬にしました。

上記の1着候補で消した馬だが、先ほども言ったようにマイナス要素は距離と枠順。

ただ阪神ジュベナイルの時は馬場がボロボロの最内枠だった。

今回はコース替わりの初週で内馬場の状態は良い。

距離ロスの無い内で溜めて上手く捌ければという条件付きだが脈はあると思う。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。