東海ステークス2021予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は東海ステークス2021の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われるダート1800m戦。

今回の想定1番人気はインティ。

2年連続でこのレースで好走していて非常に相性の良いレース。

ただ3年連続となると‥一波乱を期待しつつ穴馬を探していきたいと思います。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が京都開催だった3年間を除く過去10年(中京開催は7回)の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝率・複勝率共に逃げ・先行馬が一歩リード。

ただ差し馬も健闘しているので軽視はできません。

 

ただ今年のメンバーを見ると、逃げるのはダイシンインディーかインティ。

インティは鞍上武騎手ということを考えると、どちらが主張したとしても競り合うことは無さそう。

そう考えるとダート戦なので基本はやはり前に行く馬を重視したい。

過去7回で先行して圏内に入った12頭を見ても、その内10頭は前走4角4番手以内。

前走逃げ・先行策をした今回の登録馬はアナザートゥルース・インティ・オーヴェルニュ・ダイシンインディー・ムイトオブリガード・メモリーコウの6頭。

ただムイトオブリガードは特に先行タイプという馬でもなく、久しぶりのダート参戦。

メモリーコウは地方の牝馬限定ダート重賞ばかりを走っている馬。

有力な先行馬と考えるとアナザートゥルース・インティ・オーヴェルニュ・ダイシンインディー辺りが先行勢としては期待が持てそうです。

 


次に血統傾向です。

京都開催を除く過去5年(中京開催は4回)の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父or母父に

・ミスプロ系(父ナスルーラ系は除く)

です。

とにかくミスプロ持ちしか走らないレース。

対象馬12頭中11頭がミスプロ持ちでした。

ただミスプロ持ちでも父ナスルーラ系に限り好走馬は出ていません。

 

今回の該当馬は

 

アナザートゥルース
インティ
グレートタイム
コマビショウ
タイキフェルヴール
ダノンスプレンダー
ハヤヤッコ
ムイトオブリガード
ロードアクシス

 

以上9頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

開催時期が変わった2013年以降の過去7年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 牡馬
② 7歳以下
③ 前走距離1600~2000m
④ 前走G1で5着以内 又は 前走3番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去7年で7回。

そしてその7回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

インティ
ダノンスプレンダー

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

UAEダービー遠征後からは6戦3勝と力を付けてきている。

馬体重も遠征後から比べると30キロ増でダート馬にふさわしい馬格に成長。

個人的な推し材料は前走に続き継続騎乗の鞍上。

不良馬場やダート戦では一目置いている騎手。

とにかく追える騎手なので、週末の雨模様も味方に付けられるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です