新着エントリー

東京新聞杯2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

1番人気想定は桜花賞3着・秋華賞2着のファインルージュですが、馬以上に注目しているのは鞍上ルメール騎手。

昨年暮れ辺りから散々1番人気を飛ばしまくっています。

そろそろ復活するか?

それとも復活するまで蹴り続けるか?

個人的には今回も盛大に飛んでくれると、馬券的には面白そうです。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると差し馬で6勝、追い込み馬の複勝率も12%台とそこまで悪くない。

一見すると末脚自慢のレースだと思ってしまうが、注目は上り4位以下の馬が8勝挙げているということ。

逃げ・先行馬の好走率も悪くないことから考えるとこのレースは好位からソコソコの上りを使った馬が好走傾向にあるということ。

そこで過去10年の勝ち馬10頭を見てみるとある共通点が見つかりました。

以下がその勝ち馬です。

カラテ
・プリモシーン
インディチャンプ
リスグラシュー
・ブラックスピネル
・スマートレイアー
・ヴァンセンヌ
・ホエールキャプチャ
・クラレント
・ガルボ

 

黒字の馬が10頭中7頭いますがこの7頭に共通する点は

 

① 近3走中で3勝クラスは1着(当日3番人気以内)、OPクラスは2着以内、重賞クラスは3着以内
 ①に該当したレースで4角2番手以下 且つ 上り4位以下

 

この7頭は逃げ・先行馬ばかりではなく差し馬も含まれています。

まさにこのレースの脚質傾向と同じようなソコソコの上りで好走したタイプです。

例外の3頭中2頭はインディチャンプ・リスグラシューですが、この2頭は別格と考えて良いでしょう。

今回この条件に合致する馬は

 

カラテ
ファインルージュ
プリンスリターン
ホウオウアマゾン
マルターズディオサ

 

以上5頭です。

除外対象馬・抽選馬は入れていません。

5頭中4頭が想定4番人気以内馬となってしまいました。

脚質傾向的に考えると上位人気4頭は堅いかも。

そう考えると穴馬を狙うとしたら3着付けか?

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬は全て10番ゲート以内。

複勝率では13番ゲート以内までが安定して走っている。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬に関してもやはり同じで13番ゲート以内までが好走傾向にあります。

 

上記のデータを考慮して

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

ひと昔前は圧倒的内枠有利なレースだった記憶がありますが、年々外枠の馬も好走してきています。

昨年も二桁番の馬が2頭好走しているように、あまり内枠に拘りすぎない方が良いかもしれない。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ハーツクライ
・キングカメハメハ系
・ロベルト系

又は

・父ディープインパクト×母父ノーザンダンサー系

 

です。

ディープインパクト産駒とハーツクライ産駒だけで全体の半数以上を占める極端な傾向。

ただディープインパクト産駒の場合には特徴があって母父ノーザンダンサー系だと(1・3・1・8)、それ以外の母父だと(0・0・0・8)です。

 

今回の該当馬は

 

アオイクレアトール
イルーシヴパンサー
カラテ
ケイデンスコール
シュリ
ディアンドル
プリンスリターン
ホウオウアマゾン

 

以上8頭です。

除外対象馬・抽選馬は入れていません。

血統だけで見ると特注と言えるのがハーツクライ産駒。

過去5年で(1・2・1・1)複勝率80%という驚異的な数字。

穴馬も含んでいることを考えると本当にこのレースと相性が良いと言えます。

今回の登録馬でハーツクライ産駒はイルーシヴパンサー・カテドラル・シュリの3頭。

気にしておいた方が良いでしょう。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下
② 前走3歳限定戦を除くG1・阪神カップ出走馬
 前走京都金杯で2着以内 or 2番人気以内
④ その他路線で前走1着

 

この条件で毎年必ず好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①+②or③or④に該当する馬は

 

カラテ
プリンスリターン
ホウオウアマゾン

 

以上3頭です。

想定4番人気以内馬で消せたのはファインルージュだけでした。

ただ過去10年で見ても秋華賞からのステップを踏んできた馬は1頭もいません。

古馬初対決でどこまで戦えるか?

ちなみに秋華賞で接戦したアンドヴァラナウトは愛知杯で1番人気を背負い馬群に沈んでいます。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下
② 前走G1出走馬 又は 前走上り3位以内 or 4角4番手以内

 

この条件で過去10年中9回は好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

イルーシヴパンサー
エイシンチラー
カテドラル
ケイデンスコール
トーラスジェミニ
ワールドバローズ

 

以上6頭です。

除外対象馬・抽選馬は入れていません。

このレースは過去10年で7回も5番人気馬が絡んでいますね。

一応想定オッズで見るとイルーシヴパンサーとカテドラルが5番人気争い。

5番人気になりそうな馬は盲目的に狙ってみるのも面白いかもしれません。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は14,7%です。

 

・7歳以上(0・1・0・35)複勝率2,8%
・斤量58キロ以上(0・0・0・7)複勝率0%
・前走間隔中16週以上(0・0・0・12)複勝率0%
・前走10着以下(0・1・0・41)複勝率2,6%
・前走敗戦馬の着差1,4秒以上(0・0・0・17)複勝率0%

 

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アオイクレアトール
イルーシヴパンサー
エイシンチラー
マルターズディオサ
ワールドバローズ
ヴェロックス

 

以上6頭です。

除外対象馬・抽選馬は入れていません。

気になった項目は斤量。

カテドラル(58)・ケイデンスコール(59)・トーラスジェミニ(58)がこの項目で消えましたが、カテドラル・ケイデンスコールは丁度狙いどころの想定6・7番人気。

狙いどころではあるが、特に59キロのケイデンスコールはさすがに厳しいかも…危険な穴馬かもしれません。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

勢いのある格下馬も多く正直まだ迷っている部分もあるが、現時点ではこの馬を挙げたい。

過去5年で(1・2・1・1)複勝率80%のハーツクライ産駒。

前走は太めながらもハイレベルなメンバー相手に善戦したのではないか。

その前走はホウオウアマゾンとコンマ2秒差の勝負をしている。

コース実績も昨年で実証済み。

斤量面の不安はあるが、太めが解消されればG3レベルなら上位人気馬にも劣ることはないはず。

 

(B) イルーシヴパンサー 

この馬結構売れそうな気がして穴馬とならない可能性もありますが、この馬を挙げます。

(A)馬と同じくハーツクライ産駒。

穴馬消去法推奨馬・デスデータ突破馬でもある。

現在3連勝中で勢いもあり格下の存在だが、昨年のカラテもそうだが3勝クラスからの好走馬が多いレースでもある。

妙味は薄そうだが、押さえておかなくてはならない馬だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。