東京新聞杯2021予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は東京新聞杯2021の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝馬や複勝率を見ても明らかに8番ゲート有利です。

ただ数年くらいまではこれ以上に盲目的に8番ゲート内有利といえる程の差があったような記憶があります。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

昨年はなんと6枠以降から2頭も穴馬が出現したことによって、穴馬傾向では一概に内枠有利とは決めつけられない傾向になってしまいました。

まあそれでも勝ち馬の3勝は8番ゲート内から出現。

複勝率でも内枠がコンスタントに成績が良いのは明らか。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走距離芝1600m以上
③ 前走G1出走馬or3番人気以内or上り3位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

現時点の想定ではダイワキャグニーが5番人気でシャドウディーヴァが3番人気ですが、個人的な見解ではこの2頭の人気は逆だと想定しています。

それを踏まえて想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カテドラル
カラテ
サトノウィザード
サムシングジャスト
シャドウディーヴァ
ショウナンライズ

 

以上6頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

脚質傾向の記事で書いたのだが、今回は先行馬がかなり少ない。

前走は奇策の逃げで好走したが、今回も逃げ馬皆無というメンバー構成なら再びこの馬が先手を取る可能性は大いにある。

しかもこの馬は凡走続きで好走した後はその次走も勢いに乗って好走する傾向が幾度とある。

前走の好走がフロック視されるようなら妙味的にも狙ってみたい穴馬である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です