東京新聞杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は東京新聞杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

ここで土曜の芝レースの出目と脚質を載せました。

 

 

これをみると枠順的には8番ゲート内の圏内馬は18頭中12頭で内有利と判断できそう。

脚質的には前も後ろも満遍なく来ているが1・2着馬でみると前有利か。

今回は展開的にも前に行きたそうな馬が少なく、前残りは警戒したいところですね。

 

現時点の総合的なオッズを見ると、サンデーウィザードは実質的に4番人気となっています。

それを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番サンデーウィザードですが、この配置で追い込み脚質というのは微妙ですね。

 

次に6枠11番シャドウディーヴァ6枠12番トリプルエース7枠13番ヴァンドギャルドですが、ほとんど変わらず外枠配置。

脚質まで揃って差しタイプ。

基本的には内有利な傾向があるので4・5枠くらいがベストな配置だったのではないかと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
6枠11番シャドウディーヴァ
7枠13番ヴァンドギャルド

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

前有利とは思っていますが、今回の上位人気馬は全て後方勢。

ただ自分の基本スタイルは1着固定は人気馬というのが前提。

 

その中で上位人気馬から頭で選んだのはシャドウディーヴァとヴァンドギャルド。

まあはっきり言って消去法みたいなものです(;^_^A

 

正直どの馬も信頼していないのですが、サンデーウィザードは内枠でしかも追い込み脚質。

更に展開的にも頭で狙うにはリスキー過ぎる。

あと個人的にはここまで人気になる理由が分からない。

 

そしてトリプルエースは売れ過ぎでは?

ルメール騎手に逆らうのは恐れ多いが、重賞実績はデビュー間もない小倉2歳ステークスの2着のみ。

前走は明らかに枠順的に不利ではあったが、重賞では結局結果は出ていない。

実力疑問視の4歳世代ということも考えると嫌って妙味がありそう。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

上記で前有利と書きましたが、その中で狙いたいのがこの馬。

前走は奇策の逃げで好走したが、今回も先行勢手薄というメンバー構成なら再びこの馬が、逃げ・番手を狙っていくと読む。

しかもこの馬は凡走続きで好走した後はその次走も勢いに乗って好走する傾向が幾度とある。

前走の好走がフロック視されるようなら妙味的にも狙ってみたい穴馬である。

 

ちなみに今回絶好枠のダイワキャグニーは捨て難いのですが、斤量58キロというのがネック。

過去10年で見ても58キロ以上馬は圏内無し。

馬自身を見ても57,5キロ以上を背負った時は5戦全圏外。

悩んだ末に切ります。

ただ悩んで切った馬がよく来るんだよな‥(-_-;)

(D)

内枠有利と判断しているで、内から選んだのがこの馬。

正直脚質的に消し候補だったのですが、他に狙いたい馬がいなかった。

血統傾向の記事穴馬消去法の記事で合致しているのはこの馬だけ。

得意の左回りに期待します。

(E)

前走は明らかに太めで一叩きした今回に期待。

昨年の同レース4着馬で、このレースでは欠かせないディープ産駒。

実績の割にはあまりに低評価なので狙ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です