新着エントリー

東京スポーツ杯2歳ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は東京スポーツ杯2歳ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

5枠5番レッドベルアーム

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1・2着) 
5枠5番レッドベルアーム

(1・2着)
1枠1番イクイノックス
3枠3番アサヒ
7枠10番アルナシーム

(3着)
穴馬(C)(D)(E)

◉⇔〇→★各200円×18点=3600円

 (計3600円)

 

セオリー通り1番人気イクイノックスの軸はやめた。

ただ正直この馬強いですね。

新馬戦で3着に負かした相手がアルテミスステークス覇者サークルオブライフ。

しかもその時の着差が1,2秒差。

普通に考えたら頭固定でも良いのだが、あくまで高回収率が基本。

 

よって軸馬はレッドベルアームとした。

推した理由はとにかく血統ですね。

この馬の兄弟の父は全てディープインパクト産駒でこの馬はハーツクライ産駒という違いはあるが、この系統はとにかく早い時期に活躍する。

兄弟は4頭いるが初重賞挑戦の成績は

 

レッドベルオーブ(デイリー杯2歳ステークス1着)
レッドベルジュール(デイリー杯2歳ステークス1着)
レッドベルディエス(クイーンカップ5着)
レッドベルローズ(フェアリーステークス3着)

 

しかも藤原厩舎に限定するとレッドベルオーブとレッドベルジュールが共に1着。

鞍上も福永騎手ですし、その点でも押し材料です。

そして対抗馬は素直に上位人気馬とした。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ダンテスヴュー

人気なら買いたくないと思っていたが、予想より低評価なようなので押さえたい。

母クロウキャニオンと言えば、最近ではヨーホーレイクを輩出している。

とにかくクロウキャニオンはソコソコ馬を輩出することに関しては超一流。

一流馬も出さないが駄馬も出さないというのが魅力。

ソコソコの3着を期待している。

(D) ?????

前走は低人気ながらも新馬戦では前評判の高かったチェルノボーグを破り、その時の3着馬も既に未勝利を脱出している。

今回も全く人気がないようなので、それならば狙ってみる価値はありそう。

(E) ?????

最後まで迷ったがこの馬にした。

迷った理由は3戦連続出遅れということ。

出遅れさえなければ、前走のOPクラスも勝利していた可能性が高い。

まともにスタートしたら上位人気馬を上回る走りをしてもおかしくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です